ピークス

2018.10.24

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

筆とまなざし #108「恵那山登山口でクライミングウォールのお披露目会」

「小屋の階段の吹き抜けにクライミングウォールを造りたいんだ」

恵那山登山口にある萬岳荘の管理人Hさんからそう連絡があったのは、夏のことだったでしょうか。Hさんはガイドでもあり名門山岳会に所属するクライマー。しかし、ぼくは本格的な人工壁を造ったことはありません(高校時代に自宅の倉庫に作った程度)。いつも行くクライミングジムのオーナーSさんに相談すると、作ってくれるとのこと。HさんとSさんをつなぎ、ようやくクライミングウォールが完成したのは先週のことでした。その週の土曜日に、村の役員の人たちも交えた竣工式を行なうということで、それに間に合わせてギリギリ完成。ぼくも壁造りを少し手伝い、真新しいホールドで課題をセット。ここに来る人はクライミングしたことのない人がほとんどだろう。ハイキングシューズで登るだろうし、子どもだっているかもしれない。ホールドの間隔を狭くして、登りやすい大きなホールドを取り付けました。

竣工式当日は晴れ。紅葉が見ごろだということで、萬岳荘は老若男女問わずたくさんの人で賑わっていました。恵那山に登る人はもちろん、小屋の裏にある富士見台にハイキングに行く人、キャンプや小屋に泊まって明日の登山に控える人などさまざま。10時すぎから竣工式(お披露目会と体験会)が行なわれました。

関係者のみなさんがひと通り登ったところで、小さなふたりの女の子を連れた家族がやってきました。

「登ってもいい?」

女の子が尋ねてきました。

「いいよ、今日できたばかりだよ」

そういうと、2人の姉妹はするすると上手に登っていきます。

聞くと、名古屋のクライミングジムに何度か行ったことがあるらしい(しかもSさんの経営するジムだった)。今日は富士見台にハイキングにやってきたということでした。

「あ、ボルダリングだ!」

階段の下から男の子の声がしました。こんなに普通に、クライミングやボルダリングという言葉が飛び交うとは……。ここにやって来るのは山が好きな人。この人工壁が新しい世界への扉となりますように。

そうだ、このクライミングウォール、登山靴はOKですがアックス、アイゼンは禁止です。ご注意ください。

 

【連載一覧はこちら!】

 

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top