ピークス

2019.8.9

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

筆とまなざし#141「夏休み子どもボルダリング講座が開催されました」

先週は夏休み子どもボルダリング講座が行なわれました。笠置山クライミングエリアのある恵那市が主催するもので、市内の全児童に学校でチラシを配布して参加者を募ります。ほかにもいろいろな講座があるなかで、もう何年も前からボルダリングが取り組まれているのです。

8月1日は炎天下のなか、笠置公民館の側壁に設置した人工壁で行なわれました。参加した子どもは約20人。連日35℃続きでさすがに暑すぎるため、登るグループとクーラーの効いた部屋で休むグループとローテーションで行ないました。聞くと、ほとんどの子どもたちがボルダリング経験者。毎年参加している子どもも少なくありません。さすが笠置山のお膝元です。

そして3日の土曜日は岩場へ。参加者は10名ほどで2グループに分かれて順次岩を巡ります。既存課題のみならず子どもでも登りやすそうな小さな岩を選んでワイヤーブラシでコケを落とし、即席で課題を設定。ほとんどが低学年で小さな手と足で果敢に岩に向かっていきます。最初はモジモジしていたものの、慣れてくると自ら進んでどんどん登っていく子どもたち。楽しいといいながら周りの岩にもよじ登り始めるほどです。よじ登るというのは人間に組み込まれた本能だなと思わずにいられません。女の子のほうが活発なのが印象的でした。

このような地元での草の根的なクライミング活動は、単純に楽しいというだけでなく、クライミングが地元に受け入れられ、岩場が存続していくためにも非常に重要なこと。いまに始まったことではありませんが、これまで多くの岩場が地元住民との関係がうまくいかないために登攀禁止になってきました。クライミング愛好者が急増しているいま、その傾向はさらに加速しています。ましてやここでは市が主体となってボルダリング講座を企画してくれているのです。なんとか都合をつけて駆けつけるのは、ぼくらローカルクライマーの役目。それはクライミングという文化がこの地に根ざしていくための大切な1日です。

半日の講座が終わると汗だくでクタクタ。でも、地元でこのようなクライミング活動に関われることは、やっぱり幸せなことだなぁと思うのです。

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top