2016.7.13

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

【連載:筆とまなざし】夏になったら――

北アルプス最北の山、朝日岳。そこからさらに北へ、日本海へと至る栂海新道。

いつか歩いてみたいと思いつつ、ずっと、いつかはいつかのままでした。けれど、ふとしたきっかけが「いつか」を「いま」にしてくれるのはよくあることで、それを巡り合わせというのかもしれません。

今春、あるご縁で朝日小屋のTシャツの絵を描かせていただきました。朝日小屋へとうねりながら続く木道、その先にそびえる朝日岳。ひとりのトレッカーが立ち止まり、その風景を仰ぎ見ています。

彼女の周りには、チングルマが咲き誇るお花畑が広がっている。そんな山旅の風景を、ペン画で描きました。

 

 

「夏になったらぜひ朝日小屋に来てね!」

と、はち切れんばかりの元気な笑顔は、朝日小屋の管理人・清水ゆかりさん。

 

 

夏になったら朝日岳へ。なんだかとても爽やかで心地良いフレーズです。

できれば残雪と高山植物の多い7月に行きたい。そしてせっかくなら栂海新道を日本海まで歩きたい。

まだ梅雨の最中のため心配なのは天気ですが、予報はだんだん良くなり、出発予定日からは梅雨前線がなくなるよう。もしかしたらちょうど梅雨明けのタイミングかもしれません。

初めて訪れる朝日岳、どんな景色が広がっていて、どんな絵が描けるだろう。

朝日小屋HPで清水さんが書いている「日記書庫」を見ながら、そのなかの写真をモチーフに絵を描いて妄想。最近は岩登りばかりしていたので、久しぶりの縦走に期待が膨らんできます。

 

 

アクセスしやすい白馬から入山。大雪渓を登って白馬岳頂上宿舎でテント泊。翌日は白馬岳を越えて朝日小屋へ。次の日は栂海山荘まで行き、最終日に日本海の親不知へ下る3泊4日の山旅です。

下山後、糸魚川の宿に泊まって日本海の海の幸に舌鼓を打つというのも今回の山行の楽しみ。これまで貧乏旅行ばかりでしたが、最近ようやくこういう楽しみを覚えたのであります。

そうだ、朝日小屋のTシャツは朝日小屋でしか買うことができません。えーと、おいくらですっけ?

このTシャツをきっかけにして、今年の夏は朝日岳へぜひ!

来週は山行の模様をお知らせします。

 

— — — — — — — — — — —

朝日小屋のHP http://www.asahigoya.net

— — — — — — — — — — —

第1回:山の小屋から

 

 

 

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top