2016.7.27

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

【連載:筆とまなざし】北アルプス、そのまた北へ(中編)

ニッコウキスゲが咲く草原の向こうにポツンと建つ赤い三角屋根の朝日小屋。
木道が曲がりくねりながら続いている様は、まるで童話に出てくる風景のようです。

 

小屋に入ると、朝日小屋Tシャツを着たご主人の清水ゆかりさんが出迎えてくれました。
小柄ながら元気いっぱい、みんなのお母さんといった感じ。

 

夕食まで時間があったのでスケッチブックを持って外へ。
Tシャツの絵は、清水さんがHPで日々書き綴っている「日記書庫」から拝借した写真を元に描いたので、実際に朝日小屋を訪れるのは初めて。

絵に描いた風景はすぐに見つかりました。
さっそく、同じ構図で小屋を描いてみることにしました。

かわいらしい小屋は描いていて心地良い。
そういう絵はすんなり描けるものなので思ったよりも早く完成し、満開のチングルマを描いて小屋に戻りました。

 

 

朝日小屋はご飯がおいしいと聞いていました。

富山名物の昆布〆の刺身とホタルイカ、ネマガリダケの入ったおでん、冷たいそばに甘酢のかかった鳥の唐揚げなどなど、一品一品が厳選され、手間暇かけて作られたもの。
噂通りのおいしさに感激。

 

 

とてもきれいなトイレ、洗面所、い草の匂いの残る畳、談話室に設けられたハーブティーなど小屋のあちこちに細かな心遣いが見受けられるのもご主人が女性だからでしょうか。
非常に清潔で心地良いのにびっくりです。
そんな温かいおもてなしのおかげでその日はぐっすり快眠でした。

 

さて、朝日小屋Tシャツは全5色、SSからLLまでの5サイズで3000円です。
素材はポリエステル100%の吸汗速乾素材。
もちろん小屋だけの限定販売です。
朝日小屋を訪れた際にはぜひ手に取ってみてください。

どこから行っても遠い朝日小屋。
Tシャツを買うのをきっかけにして行ってみるのも、旅の目的としてはなかなか乙な気がします。

 

翌朝は清水さんはじめ小屋のみなさんに見送られて出発。
いよいよ長い栂海新道へ足を踏み入れます。

 

 

【第1回】山の小屋から http://sharethemt.com/pleasure-1606
【第2回】夏になったら―― http://sharethemt.com/pleasure-1748
【第3回】北アルプス、そのまた北へ(前編) http://sharethemt.com/pleasure-1969

 

 

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top