2016.8.11

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

カメラも山も初心者! そんな私たちがキヤノンPowerShot G3 Xをひっさげて、フォトトレッキングを楽しんできました!

Sponsored by Canon

2016_07_24_4515

登山にはいろいろな楽しみ方があります。なかでもフォトトレッキングは、カメラを持つことで普段は気にかけない山行中の「瞬間」を切り取ることができ、だれでも楽しむことができます。今回は、そんな山の楽しみ方を知らない女性を山に連れ出したいと、山岳カメラマン・杉村航さんがキヤノンPowerShot G3 Xを手に、写真に興味のあるふたりにフォトトレッキング講座を開催。彼女たちに「山で写真を撮ることは楽しいんだよ~」といいながら、長野県は霧ヶ峰へ行ってきました!

 

▼誘われた人

2016_07_24_4696

左)茂木えりなさん 右)西川奈七さん

ふたりとも登山は初心者。カメラもほとんど触ったことがなく、コンデジはなんと初挑戦! 普段は大の仲良しだが、今日はどっちがいい写真を撮れるかという、ライバル関係に!?

 

▼誘った人

2016_07_24_4493

山岳カメラマン/杉村航さん

普段は登山雑誌での撮影がメインの長野県在住のカメラマン。県内の山をガイドする、信州登山案内人でもある。きれいどころのふたりを連れてのフォトトレッキングに、ほほが緩んでいるかと思いきや、がちがちの様子。

 

 

2016_07_24_4201

はじめて手に取るカメラに興味津々のようす。今日はこのG3 Xを使って撮影スキルをレベルアップ!



私たち、登山もカメラも初心者です!

梅雨も明けようかという7月中旬、本日は快晴!とまではいかないまでも、まずまずの天気。しかし、山初心者の彼女たちにとって気になるのは天気よりも周りの景色。普段は都内で過ごすふたりがきたのは、天然記念物の湿原をもつ長野県は霧ヶ峰。山、というよりは高原といった表現がぴったりくるような、見渡しのいいその場所は、アップダウンも少なく、初心者にはうってつけ。さすが杉村先生! 思いやりが感じられますね。

008

この日のルートを説明されるふたり。靴ひもの結び方を教えてもらうなど、徐々に3人の距離が縮まっているようだ

3人が登山口に到着、カメラを各自ぶら下げて、いざしゅっぱーつ、とその前に。まずは今日歩くルートの確認を。登山地図を読むのも初めてなふたり。高低差が少なく、歩きやすいルートであることを説明され、ほっとする2人。

「今日のルートは緩やかで、コースタイムも5時間ほど。スポットごとに写真を撮りながら、ゆっくり歩いていこう」

杉村さんのお許しが出たところで、フォトトレッキングにいざゆかん!

 

2016_07_24_4244

まずは基本から

スタートから一歩踏み出せば、そこはもう登山道。普段は歩かない石の道を歩きながら、なにかいい被写体はないかと探す2人。まずは練習からだね、と杉村さん。登山道脇の花を指さし、あれを撮ってみようか、とにもかくにもカメラを構えさせる。が、ピントがなかなか合わない……。そんなときこそ俺の出番、と言わんばかりに先生。ピントの合わせ方や撮影モードの種類をレクチャー。被写体と背景のバランスを見て……とあれこれ指示をうけ、ビューファインダーを再び覗く。

えりなちゃんが収めたトンボ。よく撮れてるね

茂木さんが収めたトンボ。よく撮れてるね

ふと見つけたトンボを撮影してみると、これはこれは。かなり上手く撮れたのでは。G3 Xのおかげで、茂木さんは気配を悟られることなく、サッとトンボを至近距離で撮影することができたよう。先生、今日の生徒はレベルが高そうですよ!

2016_07_24_4275

練習をあっさりとクリアした2人は、次のステップに進みたいそうで、歩みはどんどん進んでいきます。転んだときのことなどを考えて、普段はカメラをぶら下げることをおススメしない杉村さんだが、今回はフォトトレッキングということもあって緩めのルートを選択したため、そのまま登っていきます。

2016_07_24_4318

少しずつカメラの操作に慣れてきたところで車山山頂で小休憩。いったいお互いがどんな写真を撮ったのか、互いに見せあう2人。自分で撮影した本格的な写真に、思わず笑みがこぼれる。スマホと比べ、ファインダーを覗いて撮った写真は一味も二味も違うのだ。

「さて、じゃあかっこいい写真に挑戦してみようか!」と杉村先生。

さて、かっこいい写真とはいかに。山頂に来たら、かっこいい写真を撮ってみたいじゃあないですか!ですって。「そこに立ってみて」とおもむろに岩の上に西川さんを案内。

「モデルだけではなく、背景となる雲を取り入れ、さらに高度感をだせるよう写真に収めてみよう。」

2016_07_24_4327

じつは初ピークだったという西川さん。撮られている最中も笑顔が絶えない

G3X20160724-0200

 

002上)撮影:杉村さん 左)撮影:茂木さん 右)撮影:西川さん

 

う~ん。ムズカシイ。悪戦苦闘しながらも、杉村さんに教えてもらいながらなんとかそれっぽい写真ができてきた!

2016_07_24_4478

「天気もどんどん良くなってっきたし、そろそろ歩いていこうか。」

再び歩きはじめると山頂では見ることができなかった蓼科山のピークが姿をあらわした! すかさずカメラを構えて、「ななちゃん、こっち向いて~」と声をかけ、ようやく見えた山頂に大興奮の茂木さん。ただ歩いて景色を楽しむだけではなく、ベストな瞬間を探しながら歩くことが大切と語る杉村さん。

「雲の形は刻々と変わってしまうし、光の具合は常に変わっている。ここだ、と思った瞬間にシャッターをきれるよう、意識しておくことは大事。」

いやはや、勉強になります。

 

2016_07_24_4528

とここで、

「晴れ間もだいぶ出てきたし、いっちょ登山雑誌の表紙にしてもらえそうような‟振り返り“写真を撮ってみようか!」

なんと先生、もう表紙狙いですか! 24mmの広角レンジでのショットもその特徴のG3X。ビューファインダーをのぞき、取り込む景色をしっかり判断。しゃがみこんでいざ対決!

IMG_2096

(撮影:茂木さん)杉村先生。この写真、表紙になりますかね!?

 

2016_07_24_4672

向こう側にいる蝶をすぐさま撮影する3人。ふたりとも杉村さんのスピード感になれてきたようで、成長が感じられますね

さて、そろそろルートも中盤を迎え、目新しいものはないかと探索する3人。登山道のむこうに目をやればなにかいるんじゃないか……。奥の岩の上にどうやら野鳥の姿があったらしく、杉村さんが無言でカメラを手に取る。その距離は遠く、肉眼でギリギリとらえられる程度だが、流石先生。見逃しません。そのあとには蝶が止まっているのを発見し、3人がすぐさまファインダーをのぞいた次の瞬間、被写体が羽ばたいてしまいました。しかしそこは杉村先生とG3X。見事に羽ばたく一瞬の姿を収めました。瞬間瞬間の動きに対応し、さらに高倍率でもスピード感ある撮影に応えてくれるのはこのカメラならではですね。

009

(撮影:ともに杉村さん)スピーディな撮影と600mmの望遠機能をいかした、G3Xならではの写真

 

 

2016_07_24_4706

友達の女の子を可愛く撮りたい!

奥霧小屋を越え、湿原に近づいてきたところで、友達の女の子を可愛く撮るための講習会がスタート! 雑誌によく載っているような、自然な動きや表情を、風景や光をいかして写真に収めるコツをレクチャー。撮り方を工夫するだけで、こんなにフワッとした写真になるなんて! 山を登ったら記念撮影だけではなく、こうして写真を工夫するのも楽しいですね。

 

IMG_1048

(撮影:西川さん)最初は右にある木と茂木さんがかぶっちゃっていましたが、構図を変えて見事な1枚に。これも杉村先生のおかげ。

 

2016_07_24_4797気が付けばもう夕方。夕陽が望めることを期待しながら湿原周りの木道を歩くも、天候はさえない。夕日が雲に反射するのもきれいだと杉村さんに教わり、ちょっと残念そうなふたり。そんななか遠くに見えたカモに3人はレンズを向け、仲睦まじいカモの親子の姿を収めることができました。

 

IMG_2146

(撮影:茂木さん)

「夜明け前の湿原も、幻想的でいいんだけどね~」

それじゃあ先生、次回もよろしくお願いしますね!

2016_07_24_4844

そうして講習会は終了。ふたりで撮影したものを見せあっていると、先生の写真も気になったのか

「杉村さんのも見せてくださいよ~!」

もちろんいいよ、と真ん中に座った杉村さん。これが意外とはずかしいらしく、先生は赤面……。

「この距離感で自分の写真を見られることなんてないからさ~(笑)」

ってなにを謙遜してるんですか(笑)

それにしても、ふたりの撮影スキルはずいぶん上達した様子。

最初はピントが合わないと嘆いていたのに、露出やホワイトバランス、自分で調整してこんな写真が撮れました。

010

左)撮影:茂木さん 右)撮影:西川さん

 

自分の撮りたいものにうまくピントを合わせて、周りをぼかしながら写真に収めることができ、雰囲気のある1枚をそれぞれ撮ることができました。先生がよかったのか、生徒たちのスキルがよかったのか、いずれにせよふたりともフォトトレッキングを楽しむことができたみたい。

機能に優れたカメラだからこそ、向上心がくすぐられたようで、次回はさらに標高の高い山に登り、稜線や山頂から見える景色を撮ってみたいというふたり。

みなさんもレンズの付け替えなしで広角から望遠までをばっちり収められるG3 Xを持って、フォトトレッキングに行ってみてはいかが?

 

◎写真:三田正明

◎衣装協力:モンベル

 

誘った側、杉村さん目線の記事もチェック!


今回のフォトトレッキング講座で講師を務めた杉村航さんも出演する「Canon PowerShot G3 X SPECIAL SITE」内の撮影紀行では、さまざまな山のスペシャリストがG3 Xを持ってフィールドに出ています。性能をいかした本格的な写真の数々は見る人をうならせるものばかり。ぜひこちらもチェックしてみてください。

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g3xsp/list

Share the Mountain事務局
Share the Mountain

毎日山に関するさまざまな情報を発信しています! 合言葉は「誰かを誘って山に行こう!」

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top