2016.11.18

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

東京西部のアウトドアの拠点へGO! 東京裏山ベース

東京の西部を走る五日市線の終点、武蔵五日市駅。

この駅は奥多摩三山と呼ばれ、日帰り登山で人気の大岳山、御前山、三頭山の玄関口となっており、

さらには奥多摩を舞台とする約70kmの山岳耐久レース「ハセツネ」へ向かう際に利用される、

奥多摩登山の拠点となっています。

そんな武蔵五日市駅の目の前に今年4月にオープンしたのが「東京裏山ベース」。

 

店内のほとんどがゆったりとしたカフェスペースとなっている

 

裏山ベースという名の通り、登山はもちろん、トレイルランニング、マウンテンバイクなど、

アウトドアを楽しむお客さんに、フィールドへの行き帰りに利用してほしいという思いで作られました。

 

入口の横には秋川渓谷や檜原村などのパンフレットが多数

 

このエリアのパンフレットや地図など揃え、フィールド情報の積極的に発信中。

もちろんスタッフの方も、山の情報についていろいろと教えてくれます。

 

トレイルランニングのアイテムも販売中

 

店内の奥にはアウトドアアイテムの販売スペースも設置されています。

取材時はハセツネ終了後ということもあり、トレランシューズ、パックなどのトレラン用アイテムを展示。

これから、シーズンやニーズなどに合わせてアイテム展開を行なっていくそうです。

 

シャワーや荷物預かりのサービスも

 

下山後、車であれば入浴施設に気軽に温泉に立ち寄れますが、電車の場合は、移動方法や電車の時間などが気になって、なかなかゆっくりと汗を流せないことが多いですよね。そんな電車利用者にうれしいシャワーや着替えの預かりのサービスも、裏山ベースでは行なっています。シャワールームを2つ完備しているので、複数人で訪れたときもスムーズに利用できます。

 

地元産の食材を使ったメニューも展開

じつは裏山ベースの屋台骨といっても過言ではないのが、コーヒーからデザート、がっつりメニューまで揃えるカフェスケッチ。下山後、「地元の食材を使ったおいしいものが食べたい」というリクエストに見事に応えてくれるんです。ここでカフェスケッチのおすすめメニューをご紹介しましょう!

 

 

 

鮎チョビピザ(1ピース¥300)

こちらは地元の秋川で捕れた鮎をまるごとペーストにした「鮎チョビ」を使ったピザ。

さっぱりしているのにコクや滋味が感じられるんです。

それでいて1ピース300円という良心的な価格に驚きますが、

「ここではこれが普通なんです」とカフェスタッフの南嶋さんは語ります。

 

鮎洋風塩やきそば(¥600)

チーズ、ドライトマト、バジル、キャベツなどの具材、さらに鮎を漬け込んだオリーブオイルなどを使った、

パスタのような洋風のやきそば。こちらも鮎の風味がしっかりと感じられます。

太めの麺で食べごたえがあり、登山後の空腹を満たすのにピッタリ。

こちらも600円と懐にもやさしく、ピザとセットでいただくのもおすすめです。

 

すべて手摘みの希少な「ひのはら紅茶」(¥500)

山のあとにちょっとだけお茶して帰りたいという人には、檜原村で作られているひのはら紅茶がおすすめ。

檜原村は山がちな場所だけに斜面の茶畑が多く、機械が使えないのですべて茶葉は手摘み。

そのせいか雑味が少なく、香りはしっかりとしているのに、非常に飲みやすい味わいです。

 

 

予約制でケアが受けられるボディケアサロン「空っぽ」

さらに時間がある人にはボディケアがおすすめ。

事前予約が必要ですが、「さとう式リンパケア」と呼ばれる手法で軽く触れたり、わずかな振動を体に与えたりしてリンパの流れをスムーズにし、体調を整えます。

女性だけでなく男性も受けられるので、「最近疲れが溜まって……」という人は、ぜひ体験してみては?

 

 

MTBのフィールドとしても魅力的な奥多摩

この裏山ベースの代表を務める神野さんはマウンテンバイクのガイド業務(裏山ライドTokyo)を行なっており、

この施設を拠点とした比較的ゆるめのマウンテンバイクツアーを頻繁に開催しています。

神野さんが提案しているのは「マウンテンバイク+α」が楽しめるツアー。

たとえばバイクで走り、途中で石窯で焼いたピザを味わうなど、ただバイク走るだけでない楽しみが

味わえるツアーが裏山ベース流です。

その他、トレイルランニングやハイキングなどのツアーも開催しています。

※ツアー情報は東京裏山ベースのHPで公開中。

 

檜原村のおみやげも販売中

 

代表の神野さんが目指しているのは「いろんな人がアイデアを持ち寄って

「人、モノ、情報、イベントが集まる場」となること。

裏山の名前の通り、灯台下暗しになりがちな豊かな東京のフィールド再発見の拠点として、

これからもさまざまな活動が展開される予定です。

登山、トレラン、MTBなど、ジャンルを問わずに楽しめる東京の山を、

裏山ベースをきっかけに、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

 

東京裏山ベースHP

 

 

 

 

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top