2016.12.8

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

アシスタント大吾、アウトドアスタイリストへの道! 基本のダウンコーデ

磨かれたセンスと培われた見識でビジュアルを彩るスタイリストという職業。
アウトドア媒体をはじめ、さまざまなフィールドで活躍するスタイリスト・近澤一雅氏のアシスタント・大吾くんが、独り立ちを目指して奮闘する日々をおくっている。
そんな半熟・大吾くんの修練のようすをおおくりする。

前回の失敗を払拭し、今回挑戦するのは「ダウンコーディネート」。
この時期の鉄板アイテム、大吾くんはどう活かすのか!?

 

_16A0955

アシスタント大吾 23歳、宮崎県出身。ファッションやアウトドアカルチャーが好きでその追求心からスタイリストを目指し上京。スタイリスト近澤氏に師事しいまにいたる。趣味は山よりサーフィン。キャリア2年

 

 

大吾:
今回のダウンコーディネート、厚手のものではなくライト系のダウンをメインにスタイリングを組みました! どれも上からさらにアウターを羽織れ、保温性と重量なども考えながら扱いやすいダウンです。またその下に着る中間着も違ったアイテムで3パターン合わせたのでそれぞれの良さも必見ですよー。寒くなってきたので師匠からもアドバイスいただき、僕も自分用のダウンジャケットを探したいなと思ってます!

 

着て体感! ザ・シンプル

_16A0911

ダウンジャケット:インポッシブルクライムジャケット¥37,000 中に着た中間着:オークサバンナクルー¥6,900 (ともにコロンビア/コロンビアスポーツウェアジャパン) フリーダイヤル0120-193-821

 

大吾:
コロンビアのなかでも極めて軽いダウンジャケットをメインにスタイリングを組んでみたっす! オムニシールドで撥水と汚れ対策はもちろんバッチリですが、ダウンで速乾ってところが惹かれました。軽量なぶん小物を合わせてもかさばりにくいと思うので扱いやすさもいいのでは? と思っています。インナーにはシンプルなロングスリーブTシャツ。これ一枚だけで吸湿速乾、紫外線防止や消臭機能もついていて、スッキリとしていながらも行動時に効果を発揮してくれる頼もしいアイテムなんです 。

 

バックパックの使用を想定し、肩部分は補強がされている

バックパックの使用を想定し、肩部分は補強がされている

 

速乾性素材のオムニウィックを採用し、カラーバリエーションも豊富

速乾性素材のオムニウィックを採用し、カラーバリエーションも豊富

 

近澤:
赤と青の配色がとてもキレイで、冬の色落ちした山でも映えそうでいいじゃな~い。クルーネックのインナーでもいいけど、ハイネックのインナーなんか取り入れると、クラシックかつ、いまっぽくなるんだけど、それはそれで硬派な感じがでるかもね。

 

大吾:
ありがとうございます! ちょっと派手かな? と思った部分もありましたが、やっぱりこの時期の山にはちょうどいい配色ですよね。もっと色々やってみるっす! それに、首元ってたしかに見た目大事ですね。次は襟アリも考えてスタイリングを組んでみます。

 

 

シックなダウンスタイル_16A0915ダウンジャケット:メンズ リンゲン ライトウェイト ダウン750 ジャケット¥42,000 中に着た中間着:メンズフォルケティン ウォームワン ジャケット¥15,000(ともにノローナ/フルマークス カスタマーセンター) フリーダイヤル0120-724-764

 

大吾:
見た目は厚手のダウンですが、こちらもアウターと中間着としての両刀で使えます。寒ければシェルなどのアウターも上から羽織れ、極厚ダウンと比べると重量も軽くて着やすいっす! 最近ではパッカブルなどの収納機能も一般的にはなってますが、この厚みでの収納も珍しくないっすか? あとポケットの中が広いのもポイントです。合わせた中間着はフリースのフルジップで、首元の保温はもちろん暑ければダウンとインナーそれぞれ前開きで温度調整ができるのがミソっす。軽量フリースで年中とおして使えるものは一枚あると便利に着回せると思うんですよねー。

 

ブランド最軽量のダウンジャケットだが、充填されたダウンのかさは高い

ブランド最軽量のダウンジャケットだが、充填されたダウンのかさは高い

 

サイドパネルはストレッチ性と通気性を兼ねた素材を使用し、運動時でも良い着心地

サイドパネルはストレッチ性と通気性を兼ねた素材を使用し、運動時でも良い着心地

 

近澤:
うぅーん…。機能はいいんだが、無難なレイヤリングとカラーリングで弱気な感じだなぁ。たしかにこちらもコメントがむずかしいテーマだけど、このダウンの収納はパッカブルか? 大きなポケットはグローブなんかも入るサイズで北欧ブランドらしいデティールポイントだと思うから、大吾の勘違いじゃないか?

 

大吾:
ちょっと落ち着いた色味あわせに着地しちゃいました…。次はもうちょっと攻めてみるっす! あと、ちゃんと調べたところ、このダウンはコンパクトなパッカブル仕様になってます。ポケットの広さから色々入るとは思ってはいたんすけど、グローブとか入れる人とかもいるんすねー。もっと山に行って勉強します…。

 

 

着心地を重視したダウンコーデ_16A0918ダウンジャケット:ブロード ピーク IS フーデッド ジャケット AF メン¥37,000 中に着た中間着:ルガーノ シャツ メン¥14,000 (ともにマムート/マムート スポーツ グループ ジャパン) TEL.03-5366-0587

 

大吾:
街でも見かけそうなダウン×シャツのスタイリングを目指しました! ここではレギュラーフイットアイテム同士を合わせて、着た感じも太すぎず細すぎず快適に山歩きできるよう意識したっす。また機能面においては、断熱・撥水とハーネス対応のジッパーなど基本的なディテールは揃っています。そして中には柄のアウトドアシャツを差してみました。PUREの抗菌加工や、生地の作りが丈夫なぶん普段着シャツにはないものを持ち合わせてるっす。男の人なら普段着でシャツの人をよく見かけるので、使い慣れているようなアイテムをアウトドアファッションに落とし込むのもいいなと思って選びました。

 

生地はナイロンを高密度に織ったパーテックスマイクロライトを使用。耐久性に優れ、撥水性も高い

生地はナイロンを高密度に織ったパーテックスマイクロライトを使用。耐久性に優れ、撥水性も高い

 

運動時の着用感を損ねない速乾素材のシャツは、山々しくないデザインで普段使いにも◎

運動時の着用感を損ねない速乾素材のシャツは、山々しくないデザインで普段使いにも◎

 

近澤:
ちょっと自信ありげなプレゼンだな~、大吾。ちなみにレギュラーフィットとは、アジア向けのサイズフィットのことかな? もう少し情報がほしいな。ヨーロッパブランドに関わらず海外ブランドはとくにサイズが我々のようなちびっ子には気になるところだからね! あと勘違いしてもらいたくないのは今回のようなダウンを着て山を歩くのはそれなりの状況ってことだぞ。相当寒い山以外、歩くとき着ないことがほとんどだとわかっていれば、シーンバリエーションが増えてスタイリングも変わると思うよ。

 

大吾:
うぅ…。アジア向けだとは思いますが…、すみません。細かいところヒアリング不足でした。反省してるっす…。しかしサイズ感って非常に重要っすよね。ときどきSサイズなのにLぐらいあるんじゃないかって物もありますし。それにシーン別のスタイリングとは、アウトドアのスタイリングは奥が深いっすね。そこに到達するにはまだまだ時間がかかりそうです…。一つひとつ引き出し作っていきます!

 

 

近澤:
今回はかなり地味に難しかったかな~。オレでも悩むかもしれん。ダウンは見た目にほとんど大差がなく、フィルパワーの差や表素材などの見えにくい部分の違いでしかなかったもんな。ちょっとダウンボックスの縫い目に特徴ある物や、ハイブリッドの物を選んだりすれば見た目的にもおもしろかったと思うぞ。登山を第一にテーマとしているぶん、つねに『歩いているとき』と考えてスタイリングしてると思うけど、行程のなかで寒い場所での休憩だったり、稜線歩いていたりって考えれば、レイヤリングアイテムも変化出せてくるはずなんだがなぁ~。もちろん行ったことがなければわからないだろうけど、そのぶん地図や本読んだり、いろんな人に聞いたりして情報集めたりして妄想すれば疑似体験に近いことができるんだから、スタイリングだけじゃなくもっと山も勉強しなさい! とくに山岳小説とかはイメージ膨らんでウエアとか妄想するとおもしろいぞ。大吾は違う妄想ばかりだろうからこれからは仕事妄想も始めなさい!!

大吾:
前回と今回とダウン系の流れでやってきて次回どういったテーマになるか予想もつかないっすけど、なんとなく一歩一歩前に進んでいる感じがするっす! 空いた時間でもっと妄想に励み、高みを目指していきますわ。もちろんエロくないやつで。山を歩く実体験もまだまだ足りないので、次からデートは山に行きます! 彼女できたら…

 

 

締め
ダウンというボリュームのあるアイテムでのコーディネートはやはりむずかしいようだ。しかし近年ではハイブリッドのものや、用途に合わせてダウンの充填量が違うもののバリエーションも多い。もっと深くディグってみると、おもしろいスタイリングが組み上がるのでは? 山の経験の少なさを実感しつつも、なかなか払拭できない大吾くん。果たして、無事彼女を作って山でデートし、登山経験とスタイリングセンスを磨くことができるのだろうか……。クリスマスはもうすぐそこ。がんばれ大吾。急げ大吾。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スタイリスト近澤一雅 アウトドア系の企画を主食とする、アウトドアスタイリスト。媒体ディレクションから撮影コーディネートまで請け負うアラフォーの39歳。基本はドMで好きな言葉は『代打八木!』

 

 

 

 

 

 

 

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top