2016.12.8

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

山のお土産コレクションvol.08

STMスタッフが見つけた、「山に誘いたい、だれかにあげたくなるお土産」を紹介します。今回歩いたのは、東京都にある低山・高尾山(標高599m)です。

休日、平日問わず多くの観光客や登山者でにぎわう高尾山は、都内から特急電車で1時間弱とアクセスしやすく、東京都とは思えない豊かな自然(高尾山にはブナがあります!)が楽しめるとあり、ベテランハイカーにも人気の山です。山頂へ繋がる登山道は、ケーブルカーやリフトを使って気軽に歩けるルート、本格登山が味わえるルート、滝や苔むした森を歩くルートなど、バリエーションも豊富。そしてなにより高尾山を歩いていて驚くのは、茶屋やお土産屋の多さ!高尾名物の天狗焼きや、炭でじっくり焼いたゴマダンゴ、天狗モチーフのお土産、なめこ汁、とろろそばなど。食べ歩きをしながら山頂にたどり着くと、深い山々のあいだから顔を覗かせる富士山の姿が。おいしいとこどりの山歩きの思い出には、おしゃれでかわいいこんなお土産はいかがでしょうか!

▲山のお土産の定番ピンバッチ。高尾山の至るところで売られているピンバッチは、種類もさまざま。高尾山の象徴である「天狗ともみじの葉」モチーフがおすすめ!高尾山頂近くの「やまびこ茶屋」ほかにて。

▲東北地方の温泉地などの定番土産として人気のこけし。訪れないと買えないこけしが、高尾山にもあります!青森県在住のこけし工人・山谷レイさんが高尾山をイメージして、一つひとつ手作りした高尾山こけし(1,500円)。顔の表情や柄(天狗、高尾山に咲いている花など)も少しずつ異なるので、お気に入りのひとつを見つけてみて!売店香住にて。

▲高尾山 薬王院の売店で見つけた、木製のむささびはがき。実際に120円切手を貼れば送ることができます!山のお誘い、新年のご挨拶に山友に送ってみてはいかがでしょう。

▲高尾山口駅から徒歩5分の場所に昨年8月にオープンしたばかりの「高尾599ミュージアム」。ここでは、高尾エリアの動植物について学べるほか、下山後のコーヒーがいただけるカフェスペースや、お土産が購入できるショップもあり。オリジナルステッカー(各100円)は、ムササビのむっさん(左)と葉っぱ(右)のほか、種類も豊富にラインナップ!

▲高尾599ミュージアムのオリジナルノート(400円)。シンプルな表紙を開くと、山を思わせる三角マーク(山好きは△が山に見えますよね!)がデザインされています。カラーは6色展開。背表紙の赤い糸もポイント。山行記録を書いたり、山のスタンプ手帳として持ち歩くのにもおすすめ!

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top