2016.12.9

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

〈毎日あるぺん号で行く女性限定の山旅〉 八ヶ岳の麓で迎えるお正月【前編】

年末年始の予定を考えはじめるこの時期、自宅でゆっくり過ごす年末もよいですが、今年の年末年始は宿泊も兼ねて八ヶ岳の麓に遊びに行きませんか?「山小屋で新年を迎えたいけれど、登山初心者の私にはまだ難しい」そんな初心者の女性におすすめの山旅プランがあります。昨年、大晦日から元旦にかけて1泊2日で実施された山旅プランに参加してきました。体験レポートをご覧ください。

【2015年 大晦日】八ヶ岳山荘の周辺散策を楽しみ、薪ストーブを囲みながら迎える新年

都内、竹橋(毎日あるぺん号の出発場所)または京王八王子駅前からバスに乗車し、宿泊先の八ヶ岳美濃戸口へ向かいます。(今年は手前の八ヶ岳高原原村で下車。)
参加者全員が女性、募集人数も15名程度なので行きのバスから車内のムードは穏やか。八ヶ岳の山並にバスが近づくにつれて天気も良好になってきました。バスが八ヶ岳美濃戸口に到着すると、宿泊先の八ヶ岳山荘はすぐ目の前。赤岳につづく登山口に建つ八ヶ岳山荘は、登山者が気軽に利用できる仮眠室もあり、赤岳登山のベースともなる山荘です。

_MG_7201

八ヶ岳山荘に荷物を置いた一同は、午後、雪道散歩に出かけました。美濃戸山荘を目指して雪の林道を歩きます。毎年スノーシューを楽しめるほどの積雪があるようですが、昨年は例年に比べて積雪が少なかったのが残念です。とはいえ、標高はすでに1,700mもあるのでうっすらと白く雪化粧をした冬ならではの八ヶ岳の森の様子を楽しむことができました。

_MG_7391
女性限定の少人数プランなので、初対面同士でも「みんな山や自然が大好き」という一体感で、もうすっかり仲は深まり、和気あいあいと山道を歩き、道中も楽しい会話で盛り上がりました。

_MG_7150
美濃戸口山荘に到着すると寒さが一段と増していました。周囲の山の様子も白く冬らしい雪景色が広がり「赤岳はもっと真っ白で寒いんだろうな」と薪ストーブに手をかざしながら、湯煎のホットミルクや缶コーヒーで暖をとりながら、談笑しました。“登頂目的ではない山歩き”なので、元旦準備を行う山小屋の風情を感じたりとても有意義な時間が過ごせました。

_MG_7766
宿泊先の八ヶ岳山荘に戻ると、そこに用意されていたのは豪勢な夕食! ダッチオーブンには鶏が1羽入っていたりと、その他のおかずも豪勢で山小屋の食事とは思えないほどのメニューにびっくり。また、八ヶ岳山荘にはうれしいことに浴場があります。山歩きで冷えた体も温かい湯船につかればホッカホカ。年越し会場を宿泊者の談話スペースとなる2階の「山カフェ」に移して、女子だけの楽しい夜会が始まりました。

_MG_7686
談話スペースにある薪ストーブからは、焼きリンゴの甘酸っぱい香りが漂ってきます。「焼きリンゴといっしょにどうぞ」と八ヶ岳山荘のスタッフさんが用意してくれた、手づくりプリンもやさしい口当たりでほのかな甘さがとてもおいしかったです。

_MG_7833
八ヶ岳山荘を運営する赤岳展望荘グループの名物、生ハムが登場!! 「赤岳展望荘に大晦日宿泊すると、高価な生ハムが食べ放題」。そんな噂を山ヤの友人から聞いていましたが、まさかこの山旅プランでもいただけるとは、今日ばかりはついついたくさん食べてしまいました。

_MG_7867
豪華な夕食から続いたおいしい宴。最後に出てきたのは「やはり年越しといえば!」のお蕎麦。多くの登山者を八ヶ岳の麓で見守る八ヶ岳山荘のおもてなしは宿泊してみたからこそ、「山旅プランに参加してよかった!」と出会えた旅の価値。すてきな大晦日になりました。

北アルプスや八ヶ岳の登山口へ気軽にアクセスできる「毎日あるぺん号」が企画するツアーなので、車をお持ちでない方にもおすすめです。山好きの友人やもちろんひとりでも参加してみるとすてきな年末年始になること間違いなし。今年の大晦日も夜空が晴れれば、ミルキーウェイを眺めながらの新年へのカウントダウンが期待できますよ。

【後編】元旦、諏訪大社で初詣! も近日レポートします。

今年も開催!!
東京出発“毎日あるぺん号プレゼンツ”
VOL.Ⅱ「マキストーブを囲んでほっこり山カフェ・年越しプラン」

【開催日時】2016年12月31日(土)~2017年1月1日(日)。雨天・降雪実施
【募集締切】募集定員17名に達した時点で締切(最終締切は12月28日)
【最少催行】10名(1名参加大歓迎)
【旅行代金】¥26,800
東京~現地往復のバス代、及び現地での移動交通費、夕食・朝食・年越し蕎麦や
生ハム付き、山荘滞在中のコーヒー・ワイン・ソフトドリング等の飲み物(ビール
のみ有料)、下諏訪温泉入浴代、ツアーガイド費用、保険代、運営費、を含む)
【ツアーガイド】 玉木克典(ツアープランナー・旅行業務取扱管理者)
【旅行企画・実施】毎日企画サービス(観光庁長官登録旅行業第1280号)
東京都千代田区九段南1-6-17千代田会館4階
TEL.03-6265-6967(担当者:玉木克典)

≫≫≫≫≫スケジュールの詳細・お申し込み方法はコチラをご覧ください

【関連URL】
≪毎日あるぺん号・バスの運行スケジュール≫
≪そのほかのとっておきプラン(12月~2月)≫
≪集合案内・旅行条件要旨≫

 

写真◎水谷和政

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top