初級

2017.3.16

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

槍ヶ岳に挑戦するために、パッキングを見直してみました!

初めまして。登山歴3年、ShareTheMountain編集部見習いの堀越です!

最近ダイエット中ですが、コンビニスイーツだけは食べてOKということにしている、ポジティブ人間。そんな私の一番の望みは、槍ヶ岳に登るということ…!!なんと、槍ヶ岳に登りたいと思い始めて2年が過ぎてしまいました…。今年こそ登りたいので、トレーニングを頑張っています!そして、最近山に登るには体力さえあればいいというものではないことに気付き、山を登るときのコツを考え始めた今日この頃です。

さて、 みなさんは登山をするとき、パッキングに気を付けていますか?パッキングとは、簡単に言うと「荷造り」です。必要なものをバックパックに入れるだけなら、どのような入れ方でもいいのでは?と、思うかもしれません。私も高校生のときは、深く考えずに適当に荷物を詰めていました。

ですが、本格的に登山を始めようと思い色々と調べていたところ、パッキングのやり方次第で背負い心地や重さの感じ方が大きく変わることがわかりました。そこで今回は、私が思うパッキングのポイントをいくつかご紹介します!

 今回は日帰り登山を想定してパッキングします。バックパックに入れるものは………

DSCF1942

 

(左上から順に右に)(1)水分、(2)雨具(レインウェア)、(3)非常装備セット、(4)非常装備(シュラフカバー)

(左下から順に右に)(5)防寒着、(6)コンパス、(7)ヘッドライト、(8)トイレットペーパー(使いやすいようにガムテープが巻いてある)、(9)地図、(10)タオル

 

ザックに入れる前に

山に荷物を持って行くときの私の基本、濡らしたくないものは防水スタッフサックに入れる!!例えば、(4)の非常装備セットの中身を見てみましょう。

私の非常装備の中身は……
細引き、ビニールテープ、テーピング、サバイバルシート、固形燃料、バンダナ、ライター、ろうそく、乾電池、ホイッスル、予備の靴紐、非常食

この中で濡れると困るものは、しっかり防水バッグに入れましょう!

私の場合、ろうそくとテーピングとバンダナはビニールに入れて二重に保護しています。他にも登山計画書や本は防水ケースに収納することがおすすめ。

いよいよパッキング!!

まず、私が特に気を付けているポイントです。

1、重いものは上、軽いものは下
2、軽くて硬いものほど外側に、重くて柔らかいものほど背中側に
3、重さは左右均等になるように

経験上、この3つのポイントをおさえれば、身体への負担が大きく変わるんじゃないかなと思っています!

1、重いものは上、軽いものは下

重いものを下に入れると重心が下にかかり、腰や肩にダメージを与えてしまう気がします。逆に、重心が高いところにあると、腰や肩に重さが分散され、体への負担が軽減されまるのでは...?ということで、まず下の方に入れるものとして、今回の場合は非常装備に持参するシュラフカバーなどがあげられます。宿泊登山のときは、シュラフや着替えをボトムにいれるよう意識しています。

2、軽くて硬いものほど外側に、重くて柔らかいものほど背中側に

重いものを背中側におく理由は、荷重によって外側に引っ張られる感じが少なくなり、体への負担が少なくなると考えているから。また、柔らかいものを背中側におくと、硬いものが背中に当たらなくなるので、背負い心地がとても良くなります!水分とタオルなら水分の方が重いので背中側に入れ、防寒着と食器なら防寒着の方が柔らかいので背中側に入れる、ということです。

3、重さは左右均等になるように

左右のバランスが悪いと、歩きにくい、バランスをとりにくい、肩や腰に負担がかかる、疲れやすい…などのデメリットが生じるので、左右のバランスには気をつけています!

仕上げに

上の3つのポイントをおさえて大きい荷物を入れたら、もう少し...

バックパックのウエストハーネスにポケットがついているなら、これを使わない手はありません。地図やコンパス、カメラなど、歩きながら何度も使うものを入れます!

あとは水筒やペットボトルをバックパックのサイドポケットに入れ、そのほかのコンパートメントを活用して貴重品などを入れてるなどすれば完成です!
実際に背負って、痛いところはないか、左右の重さは均等か、重心は背中側にかかっているかを確認してみてください。

適当に詰めるのと、パッキングのポイントをおさえて詰めるのでは、背負い心地や歩きやすさが全然違うはずです!上手なパッキングで、登山を楽しみませんか?

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top