中級

2017.5.12

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

花盛り!イベント盛り!そして登山適期の初夏の六甲山へ!

4月9日のエントリ ★→ http://sharethemt.com/pleasure-6337/

「今年も六甲山上にて待望のアウトドアイベント開催決定 Mt.Rokko Outdoor Session 2017 ~ One Sky~」にて紹介した、春の恒例イベントは、今回も大盛況。

 

主催ショップであるSky High Mountain Works、白馬堂Rokko、SPARK Bicycle&Sconeを筆頭に、ケンコー社、アクシーズクイン、エバニュー、OMM、SIX MOON DESIGNS、ZEROGRAMなどのメーカー&代理店、「TAKEfootWork」、「welldone」、「EDIT -design&supply-」などのガレージメーカーも参集。

「I & I Paddles」によるカヌー体験、「モトクロスインターナショナル」によるファットバイク、ロングテールバイク、MTBなどの試乗も行われ、フリーマーケット、フードブースも賑わった。さて、そんな六甲山。いよいよ本格的なアウトドア好適期に突入だ。


今回会場となった「六甲山カンツリーハウス」では、5月もイベントが目白押し。

「春の六甲山アウトドア・フェスタ」

 5月13日〜6月4日の土日
約1か月の会期中、週替わりで、パラグライダー/カヤック/スラックライン/ロープクライミング/ハンモック/ボルダリング/パドルボード/キャンプ入門/ダッチオーブン/アウトドアクッキング など多彩なアウトドアのアクティビティが楽しめる。

★六甲山アウトドア・フェスタ 日程
 → https://www.rokkosan.com/country/event/cat_profit_info/1423/


このイベントの目玉となるのが、

「第8回神戸・六甲山ツーデーウオーク×Mt.FESTA 2017 in 六甲」

5月13日(土)、14日(日) ※雨天中止
最短3㎞、最長12㎞、合計6コースから、体力や熟練度、好みに合わせて参加できるクリーンウォーク、ゴールのカンツリーハウスでは、好日山荘プロデュースの「Mt.FESTA 2017 in六甲」も開催。ボルダリング体験コーナー、お得な商品が満載のアウトレットフェア、好日山荘のガイドによるワークショップ、パタゴニアアンバサダーの花谷泰広さん、山岳・アウトドアライター高橋庄太郎さんらが登場するトークショーなども。歌って登れるシンガーソングハイカー 加賀谷はつみさんのミニライブ、アウトドアメーカーによるブース出展など、ツーデーウオーク参加者のみならず、アウトドア好きの方みんなが楽しめる。

★ツーデーウオークは要申し込み
 → https://www.rokkosan.com/country/event/cat_profit_info/161/


さて、4月25日のエントリー

「目指せ、アルプスの向こう側! 『PEAKS』第2特集を読んで西の山旅へ!」

★ → http://sharethemt.com/pickupinfo/safe-6548/

でも紹介されているように、『PEAKS』5月号の第二特集は「西へ」。
高橋庄太郎さんのルポ「大峯奥駈道」、島田ガイドが紹介している「雪彦山」「御在所岳」、そして、関東出身なのに六甲山にぞっこん惚れ込んだ北野拓也さんのインタビューなど、関西の山事情がたっぷりと紹介されている。

紙面では紹介しきれなかった関西の山の魅力を少し紹介してみよう。まずは、スカイハイ マウンテンワークス店主の北野拓也さんがホームにしている「ロックガーデン」。(彼は、このエリアが気に入って移住までした人である。)

六甲山を代表する人気エリアで、阪急芦屋川駅からわずか30分で登山口というアクセスのよさが魅力だ。

登山口には「高座の滝」があり、滝の脇には近代アルピニズムの祖、藤木久三のレリーフが掲げられている(落ち口の左側、やや上に見える丸い金属板)。

藤木氏らが率いた「RCC(ロッククライミングクラブ)」が、日本の近代アルピニズムの黎明期を築いたことはよく知られているが、その舞台となったのがまさにこのエリア。ロックガーデンの険峻な岩場で登攀の技術を磨いて、本場のアルプスを目指したのである。

のっけからこんな岩場が続くが、見た目ほど怖くはない。一応、一般ルートなので、ルートを外さない限りはさほど難易度の高いところはない。ちょっとしたクライミング気分を味わいながら登れるので、とても楽しい。

急な分、30分も登れば、海を見下ろす眺望が広がるのもこのエリアの魅力。

大阪湾を一望するビュースポットが続く。

ハイキング道からは外れるが、地獄谷の上流部には「万物相」と呼ばれるエリアが広がる。阪神大震災のときにずいぶん崩れたのだが、ピラミダルな尖塔状の岩が点在し、日本離れした景観となっている。
「スクランブリング」や「ボルダリング」が楽しめるエリアもあるが、そのあたりの難易度の高いアクティビティは、「スカイハイマウンテンワークス」などが提供するツアーに参加するのがおすすめだ。


【モデルコース】
★ロックガーデン~六甲最高峰~有馬温泉 
阪急芦屋川―(30分)―高座の滝―(40分)―風吹岩―(45分)―雨ヶ峠―(15分)―七曲下―(50分)―一軒茶屋―(60分)―有馬温泉
六甲最高峰へは、一軒茶屋から往復。片道10分程度。

※上記のコースは、六甲山を南北に縦走する定番の人気コースだが、累計標高差1000m超えのハードコースで、達成感は十分。
 ゆるっとロックガーデンの雰囲気だけを楽しみたい場合は、途中の風吹岩から 保久良神社を経由して岡本へ下山するなど、気軽なショートコースで楽しんで。

※ロックガーデンは、影を落とす樹林があまりないため、夏は暑さが厳しい。
梅雨明けまでくらいが適期で、本格的な夏になると、早朝に通過するようなプランがおすすめ。


(オマケ)
147ページからの「座談会」。トビラ写真には、何やら美味しそうなものがいろいろ写りこんでいる。ホタルイカ、牛すじグラタン、お好み焼き風ハンバーグなど、関西っぽい美味が満載だったが、〆にはなんとこんなものまで。

手作りの巨大プリン!たいへん美味でした。近鉄奈良線「瓢箪山」駅からほど近い場所。
生駒山に登った帰り道などにおすすめ。

★創作料理総菜店「FILL INN(フィルイン)」
 東大阪市昭和町(近鉄奈良線瓢箪山駅より北西へ徒歩約3分)
 総菜販売 15:00-23:00 バータイム 18:00~ 火曜・隔週水曜定休
 フェイスブック…https://www.facebook.com/fillinndelicatessen/

文◎写真 根岸真理 Text&Photo by Mari Negishi

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top