上級

2017.5.24

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

筆とまなざし #045「南アルプスを描いた山梨県・白山でのスケッチ教室」

日曜日は、甲府のアウトドアショップ「エルク」主催のスケッチ教室でした。昨年秋に瑞牆山で行なったのに続く2回目です。

朝8時にエルク集合。今回の参加者は8名で、前回も参加してくれたエルクの常連さんのほかに、群馬や横浜からも参加してくれました。

車に乗り合わせて、甲府市の北に位置する白山へ。市街地から住宅地を抜けてわずかに登ったところに小さな湖があり、その湖畔からほんの数分遊歩道を登ると見晴らしの良い東屋がありました。日曜日ということもあり、多くのハイカーで賑わっていました。町からこんなに近くにハイキングルートがあり、市民が日常的にアウトドアをたのしんでいるのはさすが甲府。町とアウトドアとの距離がとても近い。

さて、この東屋が今回のスケッチ教室のベース。湖が見下ろせ、甲府盆地を挟んだ向こう側に残雪を抱いた南アルプスが眺められます。少し霞んでいますが、雪の白さと山並みの青が見事です。早速レジュメを配って風景画を描くコツを説明しました。教室のために新しく透明水彩絵の具を買って来てくれた参加者もいてうれしい限り。良い絵の具を手に入れると絵が描きたくなるものです。
モチーフは自由ですが、やはり南アルプスを描く人が多い。アルプスだけだったり、手前の湖まで描いたり、切り取り方は人それぞれ。近くの切り株や松の木を描く人もいて、お菓子を食べながらのんびりスケッチに没頭しました。ぼくは参加者のところを順番に見て回り、質問があれば答えたり、少し手を加えたり。絵の描き方に正解はありません。いっしょになって、どうしたら良くなるかを考えます。それは、自分で描くときとまったく同じ作業です。キノコが生えていたので、鉛筆での下描きをしてあげ、塗り絵のように色つけをしてもらったりもしました。

その日の予想最高気温は30℃超え。集中して描いていると意外と体力を消耗するもの。熱中症には要注意です。屋根のある東屋で助かりました。

絵心がないというけれど、だれでも描けば描くほど、絶対に自分の描きたいように描けるようになってきます。そして山で絵を描くことを通して、その時間をたのしんでもらうことができたなら、この教室の意味はそこにあると思います。

「次回は山小屋に泊まって山で描きたいね」。そんな話も出ています。ご興味のある方はぜひ!

■アウティングプロダクツ エルク

 

【連載一覧】
#001 山の小屋から
#002 夏になったら――
#003 北アルプス、そのまた北へ(前編)
#004 北アルプス、そのまた北へ(中編)
#005 北アルプス、そのまた北へ(後編)
#006 真夏の小さな物語
#007 初めてのマルチピッチ(前編)
#008 初めてのマルチピッチ(後編)
#009 星野道夫さんに会いに行く
#010 吉田 博と「劔山の朝」
#011 上高地スケッチ絵画講座、開講
#012 偉い! とうなったおすすめギア
#013 ドロミテ山塊へのクライミングトリップ
#014 笠置山クライミングエリアの開拓
#015 秋のよろこび、中津川の味覚「栗きんとん」
#016 ようこそ ようこそ 笠置山クライミングエリア
#017 カフェのご主人、お客さんと、秋の野外水彩画教室
#018 3代目の山道具、ラ・スポルティバのボルダーXミッド
#019 山と道具の2017年カレンダー
#020 ちびっ子クライマーたちの外岩デビュー
#021 鍛金ワークショップで自分だけの山道具を作る
#022 太平洋に面した“最果ての地”のクライミング
#023 菊池哲男さんが写した、美しきアルプスの星夜
#024 憧れのヨセミテと、クライミング計画2017
#025 アウトドア文化としてこの地域に根差すために
#026 年末年始の相棒に、拳大の小さなストレッチギア
#027 中津川のお正月。明けましておめでとうございます
#028 名古屋で『吉田博 木版画展――抒情の風景』を見る
#029 名古屋の古着屋でめぐり合った、お守りのカラビナ
#030 徳島県は日和佐海岸へ、6日間のクライミングトリップ
#031 展示会シーズン! 笠置山クライミングエリアのために
#032 長衛小屋の手ぬぐいと、カモシカスポーツのTシャツ
#033 すてきな山の紙モノを見つけられる『アラスカ文具店』
#034 クライミングトリップの新しい相棒は超大型ギアバッグ
#035 東海の名物ルート、運否天賦(5.13c)にご対面
#036 笠置山クライミングエリアでアウトドアフリマを開催!
#037 特注品もオーダーできるナンガのコンセプトショップ
#038 笠置山クライミングエリアで講習会を開催します!
#039 早春の根ノ上高原から、残雪の恵那山を見上げる
#040 初めての笠置山登頂は高橋庄太郎さんといっしょに
#041 日本百名山・恵那山の麓で原画展を開催します
#042 自然の造形と想像力。初めてのアウトドアクライミング
#043 アメリカ、赤茶けた大地へのクライミングトリップ
#044 アメリカ、インディアンクリークでのクラック強化合宿

 

 

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top