上級

2017.7.30

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

筆とまなざし #053「アルパインクライミングで楽しむ夏の八ヶ岳」

先日、ひさしぶりに八ヶ岳へ行ってきました。夏の八ヶ岳のバリエーションルートを登ろうという、PEAKSの取材です。メンバーは今回が初めてのアルパインクライミングとなる友人のEちゃん、編集部のNさん、ガイドのMさん、カメラマンのHさん、そしてぼくの5人。

八ヶ岳のクライミングといえば冬季が一般的。詳しいことは、8月発売のPEAKSを読んでいただくことにして、とにかく新しい八ヶ岳の楽しみ方を発見した充実の1泊2日でした。

以前にも、無積雪期に八ヶ岳でクライミングをしたことがあります。それはいまから10年ほど前。当時、縦走とフリークライミングしかしていなかったものの、フリークライミングの調子もいまひとつで、伸び悩みというか、閉塞感を感じているころでした。クライミングを辞めることはないだろうけれど、思うように上達しない。要するにモチベーションが低く、登っていなかっただけなのですが、なにかしらクライミングとの新しい関わり方を見つけようとしていたのでした。そんなときに思ったのが、山でのクライミングってどんなものだろう、ということ。登山といままでやってきたクライミング能力を合わせたらどんなことができるだろう。そのとき初めて、アルパインクライミングに興味を持ちました。

初めて、と書きましたが、そもそももっと高い山、難しい山に登りたいと思い、それにはクライミング技術が必要だと思って始めたフリークライミング。しかし、フリークライミングそのものがおもしろくなると山にはほとんど行かなくなり、鳳来などのスポーツクライミングエリアにばかり行っていました。初心をすっかり忘れていたのです。

ガイドを志す友人とクライミングジムに行ったとき、アルパインクライミングに行ってみたいと話すと、次の週末に八ヶ岳へ行くから来る? と誘ってくれました。ちょうどそのころ、八ヶ岳のバリエーションルートが夏のマルチピッチルートとして整備されたそうで、試しに登りに行くというのでした。いきなりの本チャン。少々不安に感じつつも、このチャンスを逃す手はないと同行させてもらうことにしました。

登ったルートは大同心の雲稜ルート。八ヶ岳を代表する冬壁ですが、無積雪期は快適なフリークライミングルートとして登れる、とのこと。行ったのはもう秋も深まったころで、その日は八ヶ岳で初冠雪がありました。かじかむ手を温めながら登った記憶があります。全ピッチフォロー、ザックを担いで登るのも初めての経験で、ところどころ被った箇所があって大変だったことを思い出します。

これが、ぼくのアルパインクライミングデビュー戦。新しいクライミングの世界に足を踏み入れるきっかけとなった思い出の山行です。誘ってくれた友人にはいまでも感謝しているし、インストラクター資格を取ってからはクライミング講習会の手伝いも行なっています。

さてさて、そんなきっかけをくれた八ヶ岳でのアルパインクライミング。ひさしぶりに行った今回の取材の模様は次号のPEAKSでみっちり書かせていただきます。乞うご期待ください!

 

【連載一覧】
#001 山の小屋から
#002 夏になったら――
#003 北アルプス、そのまた北へ(前編)
#004 北アルプス、そのまた北へ(中編)
#005 北アルプス、そのまた北へ(後編)
#006 真夏の小さな物語
#007 初めてのマルチピッチ(前編)
#008 初めてのマルチピッチ(後編)
#009 星野道夫さんに会いに行く
#010 吉田 博と「劔山の朝」
#011 上高地スケッチ絵画講座、開講
#012 偉い! とうなったおすすめギア
#013 ドロミテ山塊へのクライミングトリップ
#014 笠置山クライミングエリアの開拓
#015 秋のよろこび、中津川の味覚「栗きんとん」
#016 ようこそ ようこそ 笠置山クライミングエリア
#017 カフェのご主人、お客さんと、秋の野外水彩画教室
#018 3代目の山道具、ラ・スポルティバのボルダーXミッド
#019 山と道具の2017年カレンダー
#020 ちびっ子クライマーたちの外岩デビュー
#021 鍛金ワークショップで自分だけの山道具を作る
#022 太平洋に面した“最果ての地”のクライミング
#023 菊池哲男さんが写した、美しきアルプスの星夜
#024 憧れのヨセミテと、クライミング計画2017
#025 アウトドア文化としてこの地域に根差すために
#026 年末年始の相棒に、拳大の小さなストレッチギア
#027 中津川のお正月。明けましておめでとうございます
#028 名古屋で『吉田博 木版画展――抒情の風景』を見る
#029 名古屋の古着屋でめぐり合った、お守りのカラビナ
#030 徳島県は日和佐海岸へ、6日間のクライミングトリップ
#031 展示会シーズン! 笠置山クライミングエリアのために
#032 長衛小屋の手ぬぐいと、カモシカスポーツのTシャツ
#033 すてきな山の紙モノを見つけられる『アラスカ文具店』
#034 クライミングトリップの新しい相棒は超大型ギアバッグ
#035 東海の名物ルート、運否天賦(5.13c)にご対面
#036 笠置山クライミングエリアでアウトドアフリマを開催!
#037 特注品もオーダーできるナンガのコンセプトショップ
#038 笠置山クライミングエリアで講習会を開催します!
#039 早春の根ノ上高原から、残雪の恵那山を見上げる
#040 初めての笠置山登頂は高橋庄太郎さんといっしょに
#041 日本百名山・恵那山の麓で原画展を開催します
#042 自然の造形と想像力。初めてのアウトドアクライミング
#043 アメリカ、赤茶けた大地へのクライミングトリップ
#044 アメリカ、インディアンクリークでのクラック強化合宿
#045 南アルプスを描いた山梨県・白山でのスケッチ教室
#046 クライムオン!! でトラッドクライミング入門講座
#047 穏やかな春の味覚。山菜と木曽地方の朴の葉料理
#048 ついに念願叶ってインストラクター資格を取得
#049 アラスカ、アンカレッジ取材で出合った老舗登山用品店
#050 複製画も並ぶ展覧会『北アルプスの風景』を開催します
#051 アメリカ西海岸の風が吹くナチュラル アンカーズ
#052 夏の一日、森をめぐる物語

 

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top