ピークス

2018.3.23

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

筆とまなざし #083「中津川の人々を見守る恵那山の風景を探して」

「転勤する山好きの上司に山の絵を贈りたい」

そう連絡があったのは先週のことでした。連絡主と上司は地元中津川に住み、会社の登山同好会でいっしょに山へ行っているのだといいます。

テーマは恵那山。中津川市民にとって、町を見守るように聳える恵那山は特別な山です。3月25日に渡したいということなのでもう時間がありません。さっそくモチーフとなる風景を探しに出かけました。

まず訪れたのは恵那山の手前にある根の上高原。ここからは形の良い恵那山が見られます。以前、ここからの恵那山を描いたことがあったので、記憶を頼りに湖畔の遊歩道を歩くと、見覚えのある恵那山が眺められました。しかしどうでしょう。たしかに良い風景なのだけれど、恵那山と同じくらい手前の森が強い。「根の上高原から見た恵那山」というタイトルなら良いのですが、「恵那山」というテーマとは少々違う。次の風景を探すため、林道を下って恵那山の麓の川上の集落を目指すことにしました。林道の途中で恵那山が見える場所はなく、集落まで下ると山が近すぎ、見上げるばかりで大らかな恵那山の山容とはイメージが違います。もう少し離れた場所からのほうが良さそうですが、懸念することがありました。いまは春霞で山が見えにくいため、あまり離れると描きにくいことです。次に思い浮かんだのが木曽川沿いにある山城跡です。ここからの恵那山も以前描いたことがあり、眺めが良いのはわかっていました。

平日にもかかわらず、苗木城趾には観光客の姿がありました。花崗岩の上に建っていた山城。坂道を登りきると、深い木曽川の谷とその向こうに広がる市街地のうしろに形の良い恵那山が横たわっていました。しかしやはり霞がかっているうえにちょうど逆光気味。恵那山は青いシルエットになっています。とりあえず写真を何枚か撮って一旦帰宅しました。写真をプリントアウトしてみるも、霞んでいたり、ズームで撮ったため画像が荒かったりと資料として使える代物ではありません。これは現場で描くしかない。画材をバッグに詰め込んで再び車に乗り込みました。

83_2

そのときに思いついたのが恵那峡という木曽川沿いの観光地付近。そこからも、素敵な形の恵那山を見た記憶があったのです。その記憶を頼りにたどり着いたのは、とある高台の公園。車を停めて恵那山が眺められる場所まで行ってみて直感的に「ここだ」と思いました。

扇状地に広がるいくつもの森の向こうにどっしりと聳える恵那山。霞んではいるものの、肉眼ならなんとか陰影もわかります。さっそく地面に腰掛けて絵を描き始めました。始めは見えにくかった山の表情もだんだんと読み取れるようになってきました。夕方が近づき、光の角度が変わると少しずつ表情を変化させる恵那山。いくぶん霞も晴れてきたようでした。

肌寒くなるころに描き終えました。あとはアトリエに帰ってから仕上げよう。スケッチブックを畳んで家路につきました。

後日、苗木城趾から見た恵那山を、群青色の絵具単色で描いてみました。シルエットになった恵那山が、そんなイメージを与えてくれたのです。それがもう1枚の恵那山。今度の展覧会に飾ろうと思います。

 

【連載一覧はこちら!】

 

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top