ランドネ

2019.3.29

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

かんたん山ごはん #39 焼きとり缶で作る「とろ~りチーズタッカルビ」

山でもがっつりお肉が食べたい!そんなときは、焼きとり缶におまかせ。甘辛いタレはさまざまな食材に合うので、アレンジは自由自在!今回は韓国料理で人気の“チーズタッカルビ”を山でも楽しめるように仕上げます。チーズはピザ用でも、溶けるスライスチーズでもOK。切りもちはトッポギ代わりになりますよ。

今回使うのはこれ!

コンビニで手軽に買える焼きとり缶は、山ごはんの強い味方。タレごと使用することで簡単に味が決まるので、他の調味料が最小限で済むのもうれしいですね!

韓国風ピリ甘辛がヤミツキ!とろ~りチーズタッカルビ

材料(1人分)
焼きとり缶…1缶
キャベツ…150g(目安は1/6〜1/4個分)
切りもち…2個
チーズ(溶けるタイプ)…約80g
コチュジャン…大さじ1
にんにく(スライス)…3枚
ごま油…適量

【作り方】

▲山で
1.キャベツはざく切りにし、もちは4等分に切る。

2.ごま油をしいたフライパンでにんにくを中火で熱し、キャベツ、焼きとり缶、もちを加えて炒める。

3.キャベツがしんなりしてきたら、コチュジャンを加えて混ぜ、チーズを入れる。チーズを加えるときは、具材を両端に寄せて中央を空け、空いたところにのせる。

4.チーズが溶けたら、からめながら食べる。コチュジャンは焦げ付きやすいですが、カリッと焼けたチーズもまたおいしいので、オススメ!

次回は、同じ焼きとり缶を使って「とろとろたまごのオムライス」(写真左)を作ります。どうぞ、お楽しみに!

※本コーナーで紹介しているレシピは、「ランドネ」2019年5月号(No.105)P099 で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

写真◎猪俣慎吾(KIPPIS)
文◎長嶺李砂
料理◎カノウヒナタ(KIPPIS)

カノウヒナタ(KIPPIS)

アウトドアパーティを主催するKIPPISでフードスタイリストを担当。管理栄養士の資格をもつ。時間を見つけては山に登り、おいしいごはんを作って食べることが喜び。 www.kippis.me

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top