2016.10.18

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

ずぼら登山者必見! 山食の新定番? “オカズ玉”を作ってみよう! ~豚味噌 編~

 

1_

 

山でのご飯はフリーズドライやラーメンが定番ですが、それじゃちょっと味気ない、いつも同じで飽きてた、でも山ではあまり料理はしたくない。そんなズボラな方におすすめしたいのが、こちらの“オカズ玉”。具材と調味料を一緒に併せてしまうことで、山での調理を大幅に省くための知恵です。具材兼調味料としてはもちろん、使い方次第では、食事のアクセントとしても、おつまみとしても活躍します。家で調理が必要ですが、その時間はわずか5分。早速作り方をご紹介しましょう。

2_

まず、材料です。

<材料(3玉分)>

  • 豚挽肉 100g
  • お好みの味噌 30g
  • 長ネギ 5cmほど
  • 唐辛子 1本
  • ニンニク 1かけ
  • チューブショウガ 3cmほど
  • 白ゴマ ひとつかみ
  • 日本酒 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • ゴマ油 小さじ1

 

挽肉は牛肉でも鶏肉でもOKですが、今回の味噌味には豚肉がおすすめ。味噌の量は肉の1/3を目安に、味見してみて足りないようでしたら少しずつ足してみてください。最初から多く入れてしまうと抜くことはできないので、少なめに始めて、味見をしながら足していくのがポイントです。

3_

まず、フライパンでゴマ油を温め、みじん切りにニンニクと長ネギ、輪切りにした唐辛子を炒めます。香ばしなるまで炒めると、風味が増します。ある程度、食材に火が通ったらショウガも足します。

4_

続いて、挽肉を加えます。パラパラになるまで炒めましょう。

5_

挽肉に火が通ったら、味噌と砂糖を加えて日本酒で溶かしながら混ぜます。味噌は焦げつきやすいので、火を止めてから混ぜてもいいでしょう。

 

6_

完成の状態はこんな感じ。お好みで白ゴマもどうぞ。辛いのが好きなら、食べるラー油や山椒などを足すのもおすすめ。

7_

一回分ずつ、ラップで包んで口を止めます。マスキングテープやパンの袋を止める「ビニタイ」などを使うと、使うときに開きやすいです。余った部分のラップはハサミで切りましょう。冷凍して、食材用コンテナなどで持ち運ぶと潰れや漏れが気になりません。潰さない自信があるなら、ジッパー付き袋でもOKです。

8_

おかず代わりに、ご飯に載せてどうぞ。ラーメンやパスタの具材としても優秀です。そのままでも、酒飲みにはいいおつまみになります。とくに日本酒との相性は抜群です。ダシ入りの味噌を選べば、お湯に溶いて汁ものにしても便利です。めちゃくちゃ簡単にできるので、ぜひ次の山行でお試しください。あなたの山食が劇的に変わりますよ!

 

 

池田 圭

登山雑誌『PEAKS』編集部に所属したのち、フリーライターに転向。山登りだけでなく、サーフィンや釣りなども嗜むマルチアウトドアマン。

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top