2016.11.1

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

タイ料理がお好き? ならこれを見ておけばOK!! 山食の新定番? “オカズ玉”を作ってみよう!~タイ風バジルチキン編~

山でのご飯はフリーズドライやラーメンが定番ですが、それじゃちょっと味気ない、いつも同じで飽きてた、でも山ではあまり料理はしたくない。そんなズボラな方におすすめしたいのが、こちらの“オカズ玉”。第2回はタイ風のオカズ玉をご紹介します。オカズ玉にしてしまえば、タイ料理に必要なさまざまな調味料を山に持っていく必要はありません。前回同様、調理時間はわずか5分です。

 

2_

 

今回の材料です。

<材料(3玉分)>

  • 鶏挽肉 100g
  • タマネギ 1/4個
  • 唐辛子 1本
  • ニンニク 1かけ
  • チューブショウガ 3cmほど
  • バジル 7~8枚(ドライでもOK)
  • レモンかライム 1/4個
  • ナンプラー 小さじ2
  • 砂糖 小さじ1
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • ブラックペッパー ひとつまみ

 

挽肉は牛肉でも豚肉でもOKです。バジルはドライでもいいのですが、ぜひ生のものを。風味が違います。生食材をガンガン使えるのも、自宅で仕込んでいくオカズ玉ならではの利点でしょう。

 

3_

まず、フライパンでオリーブオイルを温め、みじん切りにニンニクと輪切りにした唐辛子を炒めます。ニンニクが色付いてきたら、タマネギを加えます。

 

4_

続いて、挽肉を加えます。ほっておくとカタマリになるので、箸でいじりながら炒めましょう。

 

5_

挽肉に火が通ったら、ナンプラーと砂糖を加えて混ぜます。味をみながら、塩コショウで整えます。最後にライムを絞り、ちぎったバジルを混ぜます。

 

6_

完成の状態はこんな感じ。お好みでチリソースを加えても美味です。濃いめの味付けにしておけば、お湯に溶かして鶏ダシのスープにもなります。

 

7_

前回同様、一回分ずつ、ラップで包んで口を止めます。マスキングテープやパンの袋を止める「ビニタイ」などを使うと、使うときに開きやすいです。余った部分のラップはハサミで切りましょう。冷凍して、食材用コンテナなどで持ち運ぶと潰れや漏れが気になりません。潰さない自信があるなら、ジッパー付き袋でもOKです。

 

8

おすすめは塩ラーメンとの組み合わせ。バジルやライムのさっぱりとした風味が楽しめます。目玉焼きと一緒にご飯に載せ、ガパオ風にすれば、かなり豪華な山飯が楽しめます。ツマミにするなら、合うお酒はやはりビールでしょう。めちゃくちゃ簡単なので、ぜひお試しくださ~い。

 

 

 

池田 圭

登山雑誌『PEAKS』編集部に所属したのち、フリーライターに転向。山登りだけでなく、サーフィンや釣りなども嗜むマルチアウトドアマン。

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top