初級

2017.6.8

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

最高のランチ会場を目指して、アピオジムニーで長野県・飯盛山へ!

山を歩きたい理由なんて、いくつもあるけれど、いつでもみんなの心を動かすのは「山の上で食べるおいしいごはん」。暖かい日が続き、なんだかお腹が空くな~って人、いますよね?きっとそれは、新緑の山に呼ばれている合図です。晴れた日の休日には、アピオジムニーで快適ドライブを楽しみながら、山ごはんハイクへでかけましょう!最高の景色と、最高のごはんが待っているはず。向かったのは、山ごはんにぴったりなネーミングの飯盛山(めしもりやま)です。

長野県・飯盛山(標高1,643m)

コースタイム:
平沢峠駐車場~飯盛山往復(約1時間45分)

アクセス:
中央自動車道・長坂ICから平沢峠駐車場まで、国道141号線を経由して約30分

都内から約2時間30分。中央自動車道を下りると、高原らしい景色が広がる気持ちのいい道を進みます。途中、シカを見つけたり、素敵なカフェを見つけたりしながら、ドライブも満喫。アピオジムニーでの山道走行も快適で、オールペイントされたボディがとてもオシャレ!心地よい風を感じながら、登山口のある平沢峠を目指します。

車内はというと、シートもペンドルトン仕様にカスタムされていて、かわいい!おしゃれな山ウエアとの相性もばっちり。後部座席が倒せて荷物もたっぷり詰めるので、山歩きだけでなく、キャンプやさまざまなアウトドアで活躍すること間違いなしです。

平沢峠にある登山口から、目指す飯盛山の頂までは約1時間。歩きはじめは、カラマツ林に囲まれた心地よい上り坂。芽吹いたばかりのカラマツの葉が、ちょこっと顔を出していて、山歩きシーズの到来を再確認。山ごはんの時間まで、あと1時間。

歩き始めて約30分。一気に視界が開ける尾根に到着!尾根伝いに続く一本の登山道を目で追うと、その先にはおにぎりみたいな三角の山・飯盛山の山頂を発見。「お椀に盛られたごはんみたい!」

どこを見渡しても絶景だらけの尾根からは、南アルプスも一望。甲斐駒ケ岳や北岳も、まだ真っ白な雪に覆われている。ジャージ姿の遠足であろう子どもたちもここから、「やっほ~!」の大合唱。

早くごはんが食べたい!けれど、まずは山頂を目指して尾根道を進みます。ずっとこんな道が続けばいいのにと思うような心地よさ。

山頂を指し示す道標は、ほっこり和み系。「すぐそこ」の言葉通り、こんもりごはん型の頂はもう目の前。

標高1,643mの飯盛山頂!「ごはんの上に立ってるみたいだね(笑)」。うしろには、うっすら日本一のおにぎり(富士山)の姿も!はらぺこは最高潮。さあ、ごはんごはん。

山ごはん会場に選んだのは、八ヶ岳が見渡せる芝生の特等席。贅沢すぎます!

バックパックには、使い込んだホットサンドメーカーとこだわりの調理道具、食パン、チーズ、レタス、まるごとのトマト、まるごとのバナナなど。具材をパンの上にのせて、バターを塗ったホットサンドメーカーのフタをギュッと閉めて、焼き上がりをじっと待ちましょう!

そ~っとフタを開けて、こんがりキツネ色に焼き色がついたら完成!カッティングボードの上で、三角(山型)にサクサクカット。重ねた野菜の層と、とろ~りとろけたチーズが登場。いただきま~す!

「う~、やっぱりおいしい!」自画自賛せずにはいられない山で作るごはん。このあとは?チョコバナナホットサンドでも作りましょう!淹れたてのコーヒーといただく至福の時。シェフは自分。歩いて1時間の山の上のレストランに、あなたも行ってみませんか?

●アピオジムニー
TEL.0467-79-3732
www.apio.jp

モデル◎新田あい
写真◎野呂美帆

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top