2016.6.10

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

【脱・ビギナー宣言2】山力をつけたいアナタにガイドが指南 次のステージを目指すなら、ここを歩け!

「テントは買ったけど実戦投入はまだ」、「縦走、憧れッス」……そんなビギナー登山者をレベルアップさせるべく、“今後につながる”エッセンスが特盛りのルートを、山岳ガイドに教えてもらいました!

 

〜い尾根で山の“難所”を体験 谷川岳尾根ルート~

関東地方からのアクセスがよく、本格的なトレッキングを楽しめる谷川岳。日帰り登山も可能だが、水野さんは「できる限り前泊するのがおすすめ」と言う。「たかだか1000m台とタカをくくるのではなく、前日にしっかりと睡眠をとることが大事です。これには、その高度に体を慣らすということも意味しています。翌日のベストパフォーマンスを発揮するための要です」。たとえテントの扱いに慣れていない人でも、前泊なら、気軽な予行練習と捉えることもできるだろう。
また、本格的な残雪期の山行へのステップとして、体験レベルの残雪歩きはいいトレーニングになる。ここで大切なのは、「怖いからといってどうしても足元を見てしまいがちですが、遠くを見つつ、ルートを確実に見定める」こと。立ち止まっても構わないので、視野を広く保ちながら、少しでも平らなところを選んで足を置くよう心がけたい。
経験しておけば、北アルプスや八ヶ岳などでも応用が効くというクサリ場も備えたこのルート。自身の体力を鑑みながらの長い尾根歩きのなかで課題をクリアできれば、きっと大きな自信になる。

arai-kaz谷川岳-1747

▲トマノ耳から見たオキノ耳、そして連なる登山者。谷川岳はその眺望と都心からのアクセスの良さで人気の山だ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私が教えます! 水野隆信さん

ハイキングからトレッキング、クライミング、沢登りまでオールラウンドに少人数制ガイドを行なう山岳ガイド&現役クライマー。http://alpineguide1.jimdo.com/

[土合]⇒[肩ノ小屋]⇒[谷川岳]⇒[肩ノ小屋]⇒[天神尾根]⇒[天神平]⇒[ロープウェイ]⇒[土合]

無題3

★これぞ山の醍醐味!? キツイ登り、ツライ下り★

夏休みは混み合うものの、谷川岳ロープウェイが利用できるので、まだ体力に自信がないという人におすすめ。だが、土合から谷川までは、樹林帯と森林限界をつなぐ西黒尾根を延々と登り、天神尾根は延々と下ることになるので、ヒザの弱い人は慎重にチャレンジを。山頂部、肩ノ広場の残雪は初夏までで、天候がよければトマノ耳・オキノ耳の特有の景観、平標山などの稜線などが展望できる。

arai-kaz_tanigawadake-1552高度感はあまりないからといって油断は禁物。クサリをしっかりと握り、へっぴり腰にならないよう注意しよう。

arai-kaz_tento-5165

前泊のテント泊練習では、テント内のレイアウトや自炊方法、ヘッドランプなど必要なギアを確認することが、今後の安心感につながるはず。

arai-kaz_sekkei-4682

残雪上を歩く際、濃霧の場合は道迷い・滑落には充分注意を

 

文◎成清陽 写真◎新井和也

 

(出典『PEAKS』No.43)

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top