2016.11.17

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

11月がベストシーズン! 錦秋の熊野古道「小辺路」Part.2

天空の聖地・高野山と熊野本宮を結ぶロングトレイル「小辺路」。
1,000m超えの頂や峠をいくつも越えていく山岳ルートは秋がベストシーズンです!
小辺路のラストパート、十津川温泉から、標高差約千メートルを登り、
熊野川に向かって下って行くダイナミックな「果無越え」をご紹介しましょう。
ゴールの熊野本宮からは、世界遺産にも登録されている「つぼ湯」で知られ、
歴代上皇の熊野詣でのころから親しまれてきた湯峰温泉へもすぐ。
歩きごたえのある峠越えと温泉、めはり寿司などの現地グルメを満喫する山旅が楽しめます。

十津川温泉までのコースは、
『11月がベストシーズン!錦秋の熊野古道「小辺路」Part.1』
http://sharethemt.com/route-3805/
コチラを参照

十津川温泉を出発し、上湯川を渡って尾根に取り付きます。
いきなり急登から始まる道ですが、昔の面影を伝える石畳の佇まいに癒されます。

3_石畳から始まる峠越えの道

苔むした石畳から始まる峠越え

 

ひとがんばりで十津川側を見下ろす眺望

ひとがんばりで十津川側を見下ろす眺望

最初の休憩スポットは、小一時間登ったところにある果無集落。

昔ながらの暮らしを守っている“天空の村”果無集落

昔ながらの暮らしを守っている“天空の村”果無集落

標高500m近い斜面に張り付くような小さな集落では、
田畑を耕し、山菜を採る昔懐かしい農村の暮らしがいまなお残っています。
山水を引いた水桶に季節の花が飾られた農家の軒先は、とても趣き深い雰囲気です。

果無越えの旅人を見守る石仏

果無越えの旅人を見守る石仏

集落を過ぎると、ひたすら登りが続き、路傍には味わい深い表情をたたえた石仏が点在。
約1,000mを一気に登るきつい峠道ですが、やさしげな石仏を数えながら登れば励みになります。

天水田跡

天水田跡

かつて天水で稲作をしていたという田んぼの跡や、茶屋跡などが点在する道を辿っていきます。
二十一番の石仏を過ぎると、峠越えで唯一の水場がある休憩適地の観音堂。
ここをすぎれば、峠まではあとひとがんばりです!

峠手前の眺望スポット

峠手前の眺望スポット

峠の少し手前で、北面の展望が広がる。十津川村の山々が一望。

果無峠

果無峠

標高差約1000mの長い登りの先にあるのが「果無峠」。
果無山脈とのクロスポイントで、石仏や古い石塔などが残された、趣き深い場所なんです。
眺望はありませんが、平坦な陽だまりの快適な休憩スポットになっています。
一息ついたら、峠の反対側、いよいよ熊野へ向かって下って行きます。

三十丁石手前からの眺望

三十丁石手前からの眺望

美しく色づいた森の中の道を下って行くと、急に前方に眺望が広がってきます。
目下に見えているのはコバルトブルーに輝きながら蛇行する熊野川。
この少し下流に、目指す熊野本宮大社が鎮座しているのです。

熊野川沿いの車道

熊野川沿いの車道

八木尾からは、熊野川に沿って車道を歩いていきます。
バス便もあるが、本数は少ないのでご注意を!

道の駅奥熊野ほんぐう

道の駅奥熊野ほんぐう

長い車道歩きの途中にあるのが「道の駅奥熊野ほんぐう」。
地元名産のめはり寿司、果物、菓子なども買え、イートインで一服もできます。

★道の駅 「奥熊野古道ほんぐう」
和歌山県田辺市本宮町伏拝904-4
0735-43-0911
9:00~18:30 不定休

 

三軒茶屋跡

三軒茶屋跡

道の駅奥熊野ほんぐうから、しばらく国道168号線に沿って進みます。
「平岩口」バス停から右へ。しばらく登ると、道が立体交差するポイントに到着します。
ここが「中辺路」と合流する三軒茶屋跡です。
ここから山道となり、最後の登りにさしかかります。
しばらく緩やかな登りが続き、その先で「ちょっと寄り道」と書かれた案内看板が。
分岐を左へ進むと、とても眺望のいい展望スポットに寄り道できます。

眼下に熊野川、本宮大社の旧社地「大斎宮」

眼下に熊野川、本宮大社の旧社地「大斎宮」

このスポットからはほぼ下りとなり、最後の王子社「祓殿王子」を経て、いよいよ熊野本宮大社へ。

熊野本宮大社

熊野本宮大社

古来より神々が鎮まる日本随一の聖地として崇敬されてきた本宮大社。
数年前に屋根の葺き替えが終わり、檜皮葺のどっしりとした社殿が美しいです。

八咫ポスト

八咫ポスト

境内には、熊野のシンボルのひとつでもある「八咫烏」をあしらった真っ黒なポストがあります。
社務所で、木製の絵ハガキや切手なども買えるので、その場で投函することもできますよ。

めはり寿司定食

めはり寿司定食

大社前の茶屋では名物の「めはり寿司」がいただけます。
最寄りの温泉はバスで約10分の湯峰温泉。千人風呂で有名な川湯温泉へも行けるんです。

湯峰温泉「つぼ湯」

湯峰温泉「つぼ湯」

 

川底から高温の湯が湧いている

川底から高温の湯が湧いている

湯峰温泉では、公衆浴場のほか、売店で売っている卵などを自分で茹でることのできる
湯だめがあり、入浴中に茹で卵が作れます。
格式の高い温泉宿からリーズナブルな民宿までさまざまなお宿もあるので、
日程が許せば後泊でゆっくりと疲れを癒していくのがオススメ!

(アドバイス)
十津川温泉から本宮大社までは休憩を含めると約6時間かかるため、日の短い季節には前夜泊がマスト。また、本宮大社前からJR紀伊田辺駅へは、バスで約2時間。午後は3便しかないので、帰路の交通アクセスはあらかじめ調べておく必要がある。

【コースタイム】 歩行時間 5時間30分
十津川温泉-1時間-果無集落-1時間10分-果無峠―50分―三十丁石-1時間-八木尾
-30分-道の駅奥熊野ほんぐう-20分-三軒茶屋跡-40分-熊野本宮大社

文・写真◉根岸真理 Text&Photo by Mari Negishi

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top