2016.12.14

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

六甲山上ですごすスペシャルな年末年始

もうすぐやってくる年末年始、どこでどうすごすのか。そろそろ考えておきたい時期。せっかく迎える新しい年は、荘厳で神秘的な山上からの御来光で幕を開けるというのはどうでしょう。都市部に隣接していて、かつ標高が1,000m近い六甲山なら、いろいろな楽しみ方があります。
写真は六甲山・天覧台からの御来光(六甲山観光株式会社提供)

 

山麓の鉄道各社は大晦日には終夜運転。たくさんある登山口へ、好きな時間にアクセスできます。六甲山地でもっとも標高が高い「最高峰」なら、阪急芦屋川から標準的なコースタイムで約4時間弱。暗いなかを歩くことを考えると、5、6時間はみておいたほうがいいので、日の出時刻の7時に間に合わせるためには、12時くらいにはスタートした方がいいかもしれません(それなりにキビシイです)。

 

そこまで長い距離を歩かなくても、
・ロックガーデン中央稜
・風吹岩
・保久良神社や金鳥山周辺
・七兵衛山
・油こぶしの途中
・長峰山の天狗塚
・摩耶山虹の駅、旧天上寺史跡公園
・諏訪山公園上部、ビーナスブリッジ
・碇山・市章山
・鍋蓋山
・菊水山
・高取山
・須磨アルプス周辺  etc.
数え上げればきりがないくらい、多くの御来光適地があります。

 

もちろん、これらのスポットへは夜間登山になるので、ライトは必携。冷え込んで凍っている可能性もあるので、軽アイゼンやチェーンスパイクなどの滑り止めも携行したほうが安心です。また、暗いと道がわかりにくいので、道迷いをしないよう、事前に一度歩いておくと安心です。(でもじつは、山に入らなくても、住宅街のなかで、ばっちりご来光が見られるスポットもたくさんあります)

が、もっと手軽に御来光が拝めるスポットをご紹介しましょう。暗いなかを歩かなくても、広々とした視界のなか、雄大なる御来光が期待できるのは……

 

須磨浦ロープウェイ、まやビューライン、六甲ケーブルが、それぞれ初日の出の時間に合わせて早朝運転! 夜間登山をしなくても、ラクラクアクセスが可能なのです。それぞれに、位置が違うので御来光の見え方もいろいろ。

 

 須磨山上遊園からの御来光(須磨浦遊園株式会社提供)


須磨山上遊園からの御来光(須磨浦遊園株式会社提供)

六甲山でも東寄りのエリアと、西寄りのエリアでは日が昇る位置がずいぶん異なります。
・最高峰  …信貴山付近
・摩耶山  …二上山付近
・高取山  …葛城山付近
・須磨アルプス …金剛山付近

なかでも、須磨の山からは初日が海面に反射して、独特の美しさがあります。ちょうど名産の「海苔」の養殖が行われている時期でもあり、凪いだ瀬戸内の海はのどかな風情。須磨浦ロープウェイでは、早朝5時から特別便を運行し、縁起の良い干支置物のプレゼントなどもあるとか。レトロな風情で眺望抜群の「回転展望閣」も営業しているので、ホットドリンクで温まることも。

 

 

大晦日から山上ですごすのもおススメ。もちろん、下界に比べると5~6℃も気温が低いため、夜半は本気で寒いのですが、山上ならではの荘厳で清らかな雰囲気は格別です。

摩耶山天上寺境内から明石海峡方面の眺望(摩耶山天上寺提供)

摩耶山天上寺境内から明石海峡方面の眺望(摩耶山天上寺提供)

 

奈良朝時代に創建された屈指の古刹・摩耶山天上寺では、大晦日の夜11時半からの除夜の鐘で、僧侶に引き続き一般参拝者も鐘を撞かせてもらえます。

(摩耶山天上寺提供)

(摩耶山天上寺提供)

日付が変わって、元旦0時からは「心経会」。一年間の無病息災や招福を祈って、新年を迎えます。温かい飴湯のご接待などもあり、毎年多くの善男善女が集う縁起のいい恒例行事となっています。

 

 

 摩耶山掬星台からの夜明け前の眺望

摩耶山掬星台からの夜明け前の眺望

 

摩耶山掬星台で御来光を待つ人びと

摩耶山掬星台で御来光を待つ人びと

 

【元旦初日の出・特別運行情報】
須磨浦ロープウェイ 5:00~
まやビューライン 6:00~
六甲ケーブル 6:10~

★須磨浦山上遊園の情報はコチラ
http://www.sumaura-yuen.jp/

★まやビューラインの情報はコチラ
http://koberope.jp/maya

★六甲ケーブル、ガーデンテラスなどの情報はコチラ
https://www.rokkosan.com/

ちなみに、日出時刻は、山麓(神戸市付近)では7:06、最高峰付近では7:01。標高が高いほど早く日出が見られます。

 

 

ところで、山上では、天上寺以外にもちょっとレアな初詣スポットがあります。最高峰の少し東側に位置する「石の宝殿」。古代から信仰されてきた磐座が点在し、菊理姫を祀る霊験あらたかなお社です。

「石の宝殿」

「石の宝殿」

 

「石の宝殿」白山姫観音

「石の宝殿」白山姫観音

 

最高峰のすぐ近くという立地から、歩いてお詣りするにはなかなかハードルの高いお社ですが、だからこそ山初め、山の初詣にはふさわしいかもしれません。小一時間下れば有馬温泉があるので、初歩き+初詣+温泉というスペシャルプランも可能です。

 

山上で迎える新しい年。きっとすばらしい一年になることでしょう。

 

 

文・写真◉根岸真理 Text&Photo by Mari Negishi

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top