2017.1.26

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

雪山をぐんぐん走る、アピオジムニーで北八ヶ岳の雪山ハイクへ!

雪は、目の前に広がる景色を、一瞬で別世界へと変えてしまうものです。歩きなれた道も、毎日眺めていた電車から見える街並みも、雪が降り積もればすべて見慣れない風景。ひんやりとした空気と不思議な静寂、足元からはギュッギュという雪を踏みしめる音。その非現実的なようすに、心躍る人も多いのではないでしょうか?山の景色も同様、冬になればガラリと姿を変えて、ハイカーたちを待っています。深い緑に覆われ苔むした森も、真っ白なふかふかの絨毯が敷かれたような白の世界に変身。そんな冬だけの、冬ならではの雪景色が楽しめる、おすすめの雪山ハイクルートを紹介します。登山口までのアクセスは、雪道も楽々走行できるアピオジムニーに乗って、快適な雪山旅へ出かけましょう!

北八ヶ岳(高見石周辺)

コースタイム:
DAY1/2時間15分(渋の湯~賽ノ河原~高見石小屋)
DAY2/2時間40分(高見石小屋~白駒池~高見石小屋~渋の湯)

アクセス:
渋の湯登山口までは、中央自動車道・諏訪南ICから八ヶ岳エコーラインを通り約50分。渋の湯の駐車場は1日1,000円(渋御殿湯)

都内を出発して約3時間。登山口となる渋の湯を目指し、林道を走るアピオジムニー。くねくねとした山道には雪が積もっているため、スタッドレスタイヤはマストです!オフロードもぐんぐん進む4輪駆動のアピオジムニーは、こんな雪道こそ頼れる存在。オールペイントされたボディも素敵です!

アピオジムニ-の車内は、シートにペンドルトンが配されていて、とってもおしゃれ!これなら、移動中もテンションをあげてくれます。後部座席を倒せば、荷物もたっぷり積載可能です。こんなこだわりの詰まった車を、山を楽しむひとつの道具としてチョイスできたら、アウトドアの幅もぐっと広がります!

渋の湯に到着したら、いよいよ雪山ハイクのスタート。1泊2日の雪山旅、1日目の目的地である高見石小屋までは、雪道を歩くこと約2時間15分。緩やかな上り坂が続く、雪山ハイク初心者でも歩きやすいルートです。そして高見石小屋は、八ヶ岳のなかでも女子ハイカーに人気が高く、リーピーターも多くいます。危険個所は少なく、軽アイゼンでも歩行可能ですが、雪山用の登山靴と12本爪のアイゼンが安心。防寒対策、グローブなども忘れずに!
※冬季は麦草峠へつながるメルヘン街道は閉鎖中のため要注意

踏み固められたトレースを辿りながら、深い北八の森のなかへと進んでいきます。アイゼンでしっかりと雪を捉え、一歩一歩。雪の重さで下を向いたシラビソの枝からは、風に乗ってキラキラと粉雪が舞うことも。

▲雪の上に降りた霜。ガラスのようにキラキラとしていて、触れるとサラサラと音を立てて美しい

▲落ちようとした雫も、冷えてキレイな氷の粒に。こんな見逃してしまいそうな小さな発見も、冬ならでは

▲雪の上に残された動物の足跡。テン?イタチ?姿の見えないこの森の住人を想像するのも楽しい

歩き始めて約1時間45分。一気に視界が開けた賽ノ河原からは、遠くに中央アルプスや御嶽山の山々を眺めることができます。天気がよくて風のない、ぽかぽかとした日には、ここで休憩するのもおすすめです。夏山シーズンには岩がゴロゴロとしているこの場所も、雪に覆われて歩きやすい道に。

賽ノ河原を抜けると再び森のなかへ。苔むす森はすっかり雪に覆われ、個性的な木の幹の柄が際立ち目に飛び込んできたり、鹿が食べたであろう木の皮の跡が見つけられたり。いつもとは違う森の見方ができるのも、雪山ハイクの楽しさです。

この日のハイライトが待つ高見石までは、高見石小屋の横を抜ければもうすぐそこ!

高見石から見えるこの景色。眼下に広がる森のなかに、真っ白な白駒池の姿が。澄んだ空気が眺望をよくし、遠くには浅間山や妙高・火打山、北アルプスの雄大な姿も!夕焼けに染まる空も、1日のはじまりを告げる朝陽も、眺めるならここが特等席。それは高見石小屋に泊まる人だけの特権です。

冬の高見石小屋の2階には、こたつのおもてなしも。一度足を入れたら、なかなか抜け出せません!消灯までのあいだ、温かい夕食をいただいたり、ハイカー同士で雑談をしたり、ゆったりとした山小屋時間が楽しめます。

暖かい光が灯る高見石小屋の上には、数えきれないほどの星・星・星!夜空を流れる天の川もはっきり。こんな風に天気のよい日には、星に詳しいスタッフによる星空観察会が開かれます。宇宙に包み込まれていく感覚は、ここに来ないと味わえません!

2日目は高見石小屋から約30分、昨日高見石から眺めた白駒池の上でスノーシューを!凍った湖の上を歩くのは、やっぱり冬にしかできない体験です。広々とした雪原を、自由に、歩いたり、走ったり、だれも歩いていない雪を探したり。
※スノーシューは高見石小屋でレンタル可能(1セット1日1,000円)

高見石小屋に戻ったら、名物「あげぱん(2個350円)」を!味は、きなこ、ココア、抹茶、チーズの4種類。淹れたてのコーヒーといただくのが定番です。素朴だけど、すごくおいしい!この味を求めて訪れるハイカーもいるほどです。

●高見石小屋
標高:2,300m
営業期間:通年
収容人数:定員100名
宿泊料金:1泊2食8,300円
(10月~5月初旬は暖房費300円)

夏山には夏山の、冬山には冬山の楽しみがあります。夏山だけを楽しんでいる人たちは、ぜひ一度、こんな雪山体験を味わってみてはいかがでしょうか!

●アピオジムニー
TEL.0467-79-3732
www.apio.jp


写真◎後藤武久

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top