2016.7.8

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

【脱・ビギナー!!~テント編その1~】「テントを持っている」だけで満足していませんか?

テントをしっかりと使いこなせてこそ脱・ビギナー!

「テントは持ってるし、テント泊山行の経験もあります!」

でも、それでホントに「脱・ビギナー」だと胸を張って言えますか?

テント泊の「なんとなく」を脱却し、今年こそより快適、安全なテント泊トレッカーへ!

 

▼教えてくれた人▼

登山ガイド/佐藤佑人

日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。岩手県盛岡市を拠点に、全国各地の山をガイドする。

_MG_5013(2)

「テント泊で山を楽しんでいる」。これだけでもう、脱・ビギナーを果たしたと考える人もいるだろう。たしかに日帰りや山小屋泊での山行から一歩進み、自分で衣食住すべてを背負って歩くテント泊は、体力、そして経験値を要する山行だ。

テントは特別な知識がなくとも、仕組みがわかってさえいればひとまずは設営できる。いってしまえば「なんとなく」でも、そのなかで雨風をしのぎ、食事にありつけさえすれば山行は滞りなく進んでいく。だが、それだけでは「万が一」のなにかが起きたときに対処できるとは限らないし、なによりせっかくならば〝の我が家〟での生活を快適に楽しみたいものだ。それができてこそ、ようやく一人前のテント泊トレッカーと名乗れるはずだ。

 

 

実はこのテント、NGなんです!!



 張り方やたたみ方、内部の使い方ひとつとっても、より快適に、安全に使いこなすためのノウハウが存在する。またここでは、テントの基本ともいえる自立式の上に挙げているのは、山でよく見かける「ありがちな間違い」。あなたがテントを張る手順をひとつひとつ思い出してほしい。ついこのような間違いをやってしまってはいないだろうか?
ダブルウォールテントを例にとって紹介しているが、基本的にはどのテントであっても応用できるノウハウばかりだ。「隣のテント、なんかカッコいいなぁ」。テント場でふとそんなこと思ったことがある人は少なくないはず。ただ単に、テントがシワひとつなく張られているだけでもカッコよく、それだけでエキスパートに見えるのだ。ビシっとキレイにテントを張るコツ、コンパクトな収納法、室内の活用法をおさえて、今年こそ「なんとなくテント張ってます」のテント泊ギビナーから卒業しよう!

次回はさらにポイントごとに解説! お見逃しなく!

文◎PEAKS編集部
写真◎宮上晃一

(出典『PEAKS』vol.46』

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top