ピークス

2019.2.20

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

筆とまなざし#119「『デナリ』イケメンスタッフが開発の『フォープーン』」

1台4役のカトラリー

久しぶりに上京し、久しぶりに四ツ谷の山の店「デナリ」に行ってきました。デナリのオーナーHさんは『PEAKS』でもおなじみで、とくに「尖ったもの」にはめっぽう強い。アックスのピックを鋭く研いだりチューンナップしたりと、「影の仕事」(?)が人気の名店です。かくいうぼくも、アックスをギットンギットンに研いでもらって購入したことがあります。
四ツ谷駅を降りると目の前に建設中の大きなビルが飛び込んできます。以前はそこにお店があったのですが、新ビル建設中のためいまは近くの仮店舗で営業しています。あと1年足らずで新しくなったビルに新店舗ができるそうです。ちなみに、いまのお店は入り口に鍵がかかっており、チャイムを押さないと入れてもらえないという、なんともすごいシステムになっています。
クライミングギアが豊富な店内。掘り出し物のウエアがあったりしておもしろい。オーナーからいろいろな情報を教えてもらったあと、店内をグルグル回ると以前から気になっていたアイテムを発見しました。デナリのイケメンスタッフIくんが発明、商品化したカトラリー「Forpoon」です。
こげ茶色の樹脂製のカトラリー。名前から想像できるように「フォーク」と「スプーン」になるのですが、それだけではない。パーツを外すとナイフとトングにもなるという1台4役のカトラリーなのです。「4」と「フォー(プーン)」をかけている、と個人的には理解しています。
Iくんに聞くと、「Forpoon」以外にもいくつか特許を持っているのだとか。発明なんて自分には縁遠いのでびっくりです。そして、アイデアを商品にして量産するというのはなんともすごい。
実際に使うのはフォークとスプーンが多いでしょう。この2種類は片手で切り替えることができて実用的。トングはキャンプなどでも使いやすそう。東京土産にひとつ買って帰ることにしました。山で使うのが楽しみです。

「Forpoon」の詳細はこちら

アマゾンでも売っていますが、東京の方はぜひデナリへ。

成瀬洋平
Yohei Naruse

1982年岐阜県生まれ。山を歩いて見聞きしたことを絵や文章で表現することをライフワークとする。雑誌への執筆のほか、展覧会や水彩画ワークショップも開催。雑木林の中に自力で制作した小屋で制作に取り組みながら、地元の笠置山クライミングエリアでは整備やイベント企画などにも携わる。
ブログ http://d.hatena.ne.jp/naruseyohei
ウェブストア https://naruseyohei.stores.jp

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top