中級

2017.4.9

  • facebook
  • twitter
  • hatena
  • LINE

デザイナーから見たポーラテックファブリクス Part1

Polartec Fabrics From the Designer’s Point of View

より過酷な環境に適応するため、進化を続けるアウトドアウエアファブリクス。

なかでも発展目覚ましいのが、ベースレイヤーからアウターシェルまで素材を揃えるポーラテックのマテリアル群だ。

それらの驚くべき性能と、各ブランドによる独自の応用方法を聞いた。

第1回目は国内外を問わず注目されているティートンブロスだ。

 

NeoShell × Teton Bros.

縫製に糸を使わなければ

軽く・柔らかくなるんです。

 

数少ない国産ウエアブランドとして気を吐き、設立から数年にして山岳ガイドや山岳パトロールというプロフェッショナルから絶大な支持を得ているティートンブロス。その人気の理由は、徹底した機能性の追求にある。「機能性の追求」というと、カタログの常套句のようだが、ティートンブロスに関しては、この手垢のついた表現が掛け値なしに通用する。それは、ウエアのディティールについて、ひとつひとつ熱心に説明してくれる鈴木紀行代表の言葉に裏打ちされている。

たとえば前身頃の斜めに配置されたベンチレーション。フィールドで、脇の下に配置されたベンチレーションの扱いづらさに閉口した経験はないだろうか? ベンチレーションを前部に移動させることで機能性は格段にアップする。また、フードのストッパーを調節したいときとは、吹雪が顔を打ち付けるような状況が多い。しかも、間違いなく厚手の手袋かミトンをしている。そこでの機能性とは、ミトンをしていてもワンアクションで操作できるものでなくてはならない。そのようなシチュエーションを考えたとき、TBジャケットのフードストッパーの構造は「腑に落ちる」ものとなっている。

そんなティートンブロスのフラッグシップモデル、TBジャケットの素材に採用されたのがポーラテックのネオシェルだ。このモデル、最新テクノロジーを取り入れてマイナーチェンジを続け「いま手に入る最高の一着」といえる。「このネオシェルについてはポーラテックと2年間共同開発をしてきました。同社はベースからアウターまで素材をそろえているので、レイヤードを考える際ベストの存在。それにネオシェルの通気性はいままでとは別次元のものでした」(鈴木代表)。

_DSC0047

「機能を追求していくと美しい形が生まれてきます。これをFunctional Beautyと呼んでいます」と鈴木紀行代表。

 ポーラテックは世界から選んだ8社と、ほかにもさまざまな素材の開発を共同で進めている。さらに今回特筆すべきは、糸をすべて排除して、超音波圧着という最新技術を、これまでのものとは違うメソッドと強度テストを経て採用したこと。

「いつかは糸を使わないものを、と思っていました。軽くなるし、なにより柔らかくなります」

 先ほど「マイナーチェンジ」といったが、それは、機能の差が小さい、ということではない。TBジャケットで、ひとつ前のタイプと最新タイプを着て両手を上に挙げてみる。その差は歴然であった。

 最後に鈴木さんに、ティートンブロスの企業理念を聞いてみた。

「プロフィットとベネフィット、日本語ではどちらも『利益』ですが、前者は金銭的なもので後者はそうではないもの。自分でもアウトドアで精一杯遊ぶなど、ふたつのバランスを取っていきたい」

 夏はサーフィン、冬はバックカントリースキーと、この言葉を実践している日に焼けた鈴木さんの顔には、妙に説得力があった。

両側の素材端をわずかに持ち上げて超音波を使って圧着している。そうすることで、これまでの圧着方法に比べて圧着の強度を上げることに成功した。縫い目をなくしたことで、よりしなやかに仕上げられている。

TBジャケット 2.0SE
¥78,000
サイズ:S〜XL
重量:575g(M)
カラー:ブラック

文◉堀内一秀 
写真◉桑山 章、辰根東醐

関連カテゴリ・タグ

今、あなたにオススメ

親子アウトドア

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

おススメルート

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山の楽しみ方

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

山レシピ

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

Promoted

星空観察:夏の大三角形を見る!

More

page top